F1
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
02 8月
イベントは終了しました
R
オーストリアGP
13 8月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
22 8月
次のセッションまで……
10 days
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました

元ルノー技術責任者のチェスター、フォーミュラEに“転職”。メルセデスで技術部門率いる

シェア
コメント
元ルノー技術責任者のチェスター、フォーミュラEに“転職”。メルセデスで技術部門率いる
執筆:
, Grand prix editor
2020/07/23 8:59

元ルノーの技術責任者であるニック・チェスターは、ベルリンで行なわれるフォーミュラEの6連戦を前に、メルセデスのプログラムに参加することになった。

 これまで約30年に渡ってF1の世界に携わり、昨年までルノーのテクニカルディレクターを務めていたニック・チェスターが、メルセデスのフォーミュラEチームに入り、8月のベルリン戦からプログラムに加わることとなった。

 チェスターはシムテック、リジェ、アロウズなどでキャリアを積むと、2000年からイギリスのエンストンに拠点を置くベネトンに移籍。その後チームがルノー、ロータス、そしてまたルノーと体制を変える中でもエンストンに残り続け、2013年からテクニカルディレクターを務めていた。しかしながら、ルノーの技術部門の再編の一環として昨年12月にチームを去り、その際に「新たな挑戦を楽しみにしている」とコメントしていた。

Read Also:

 一時はウイリアムズで要職に就くのではないかとの噂もあったチェスターだが、彼はフォーミュラEに自らの活動の舞台を移すこととなった。彼はメルセデスFEチームのテクニカルディレクターとなり、7月初旬から業務を開始したようだ。

 これによりチェスターは、8月にベルリンで行なわれるフォーミュラEの終盤6レースに向けて準備を進めていくこととなる。このベルリン戦は、テンペルホーフ空港を舞台とするコースを3レイアウト使用し、9日間で6レースを開催するハードスケジュールとなる。

 F1チームの幹部出身者がメルセデスのFEプロジェクトに携わるのは、チェスターが初めてではない。かつてメルセデスF1チームでバルテリ・ボッタスのレースエンジニアを務めていたトニー・ロスは、現在FEチームに移ってチーフレースエンジニアとして働いている。

 メルセデスは今シーズンからフォーミュラEへのワークス参戦を開始。ストフェル・バンドーンとニック・デ・フリーズのコンビでここまで5レースを戦い、バンドーンが3位表彰台2回というリザルトを残している。現時点のドライバーズランキングは、バンドーンが6番手、デ・フリーズが13番手で、チームランキングは5番手となっている。

 

Read Also:

 

セッテ・カマラ、フォーミュラE”ベルリン6連戦”に電撃参戦。ハートレーの後任

前の記事

セッテ・カマラ、フォーミュラE”ベルリン6連戦”に電撃参戦。ハートレーの後任

次の記事

メルセデス、フォーミュラEも人種差別と戦う”ブラックアロー”カラーリングに変更

メルセデス、フォーミュラEも人種差別と戦う”ブラックアロー”カラーリングに変更
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , フォーミュラE
執筆者 Luke Smith