【F1, フォーミュラE】FE挑戦のグティエレスは2018年の王者候補?

フォーミュラEのCEOであるアレハンドロ・アガグは、元F1ドライバーであるエステバン・グティエレスはシーズン4のチャンピオン候補だと語った。

 2017年シーズンを前に、ハースF1チームに残ることができなかったエステバン・グティエレスは、フォーミュラEに参戦することを発表した。どのチームから参加するのかを含めて、計画はまだ最終決定されていないものの、彼はメキシコでのレースとダブルヘッダーとなるニューヨークでのレースに出走する予定だ。この2レースは世界耐久選手権(WEC)と日程がバッティングしているため、シートにいくつか空きが生じると見られている。

 今シーズンのグティエレスはスポット参戦となるため、現在行なわれているフォーミュラEの第3シーズンでタイトル争いをすることはできないだろう。しかし、フォーミュラEのCEOであるアレハンドロ・アガグは、グティエレスが所属するチームすらまだ決まっていないにもかかわらず、フル参戦の可能性がありそうな第4シーズン(2017-2018シーズン)で彼がタイトルを争えるような位置に来ると考えているようだ。

「これはチャンピオンシップにとって素晴らしいニュースだ」と、アガグはグティエレスのフォーミュラE参戦について語った。

「彼は若いドライバーだ。彼はこれから長いキャリアを歩んでいく。彼はF1の後にフォーミュラEを選択した。彼には明るい未来が待っているよ」

「今年のエステバンは、フォーミュラEを学んでいく段階だろう。すでに今シーズンは2レース終わっているので、チャンピオンシップのためではなく、学ぶための1年になる」

「彼はメキシコとニューヨークでレースをする予定だ。この2レースは他のチャンピオンシップと日程が被っており、いくつかのシートが空くため、彼はそのシートを使って経験を積むだろう」

「そしてその後のシーズン4で、彼は素晴らしいレースをし、チャンピオンシップを争うドライバーのひとりになると思う」

WECとの日程衝突は「心配ない」

 WECのシーズン前公式テスト”プロローグ”は、今年モンツァで行われる予定だ。当初の予定では3月24日からの開催だったが、教皇フランシスコのモンツァ訪問と日程がバッティングし、4月1日からの開催に変更された。

 ところが、メキシコシティで行われるフォーミュラEの第4戦メキシコシティePrixは3月31日から4月1日の開催であるため、今度はフォーミュラEのレースと日程が衝突してしまったことになる。これによりWECとフォーミュラEのどちらにも参戦するドライバーは、おそらくメキシコでのレース出場を断念することになるだろう。

 またフォーミュラEのニューヨークePrixも、WECのニュルブルクリンク6時間レースと日程が被っており、同様の問題が生じる。

 しかし、何人かのトップドライバーが数レースに出場しない見込みであることについてアガグは心配しておらず、むしろタイトル争いを面白くしてくれるかもしれないと考えている。

「日程の衝突でどんなことが起こるか、誰にもわからないだろう? おそらく(セバスチャン)ブエミは何レースか欠場するだろう。彼は現在連勝しており、大量のリードを築いている。(ブエミが欠場すれば)タイトル争いが非常に面白くなるだろう」

「私は本当にバッティングを気にしていない。新しいドライバーが来ることで、このチャンピオンシップに対する興味を誘ってくれるのは、良いことだと思う」

「シーズン1や2ほどではないかもしれないが、このシーズンは面白いものになると私は思う」

【関連ニュース】

【F1】グティエレス「フォーミュラE挑戦は未来への”賭け”」

【F1, フォーミュラE】グティエレス、フォーミュラE参戦へ

フォーミュラEニューヨークとWECドイツのバッティングが濃厚か?

【WEC,フォーミュラE】「両立するドライバーは減る」とディ・グラッシ

WECカレンダー日程変更。公式テスト”プロローグ”は4月先送り

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
ドライバー エステバン グティエレス
記事タイプ 速報ニュース
タグ alessandro agag