【F1】マッサ、ジャガーのフォーミュラEマシンを初試乗へ

引退を撤回し、F1に復帰することになったフェリペ・マッサは、ジャガーのフォーミュラEマシンを初テストする予定だ。

 ウイリアムズのフェリペ・マッサは、昨年のイタリアGPでF1からの引退を発表していた。しかしながら、同年のチャンピオンを獲得したニコ・ロズベルグも突如引退を発表。ロズベルグの後任としてバルテリ・ボッタスのメルセデス移籍を実現するため、ウイリアムズの要請でマッサはF1引退を撤回することになった。マッサは引退を撤回する以前、フォーミュラEでレースをしたいという願望を公然と打ち明けていた。

 今回、マッサは初めてフォーミュラEマシンをテストするチャンスを得た。場所は未定であるが、来週ジャガー・I-タイプ1をドライブする予定だ。

 ジャガーは次のように声明を出している。

「パナソニック・ジャガー・レーシングは、フォーミュラEの要望を受けて、フェリペ・マッサにフォーミュラEマシンを体験させる機会を設けることになりました」

「このような機会を提供することができ、光栄に思っています」

 ジャガーは現在、ミッチ・エバンスとアダム・キャロルをドライバーに起用している。

 マッサの2017年F1シーズンに向けた準備は、2月27日からバルセロナで行われる公式テストで始まる。開幕戦オーストラリアGPの決勝は3月26日だ。

 今季もウイリアムズで戦うことが発表されたマッサは、F1で戦っている間は他のプログラムに気を取られることはないだろうと語った。

「昨年F1引退を発表してから、僕は自身の選択肢を評価してきて、いくつか興味があるカテゴリーもあった」と彼は語った。

「しかし、僕は引退撤回を決断したので、今はそれ(F1)に集中している」

 2017年のF1を最後にマッサが改めてF1を離れることになった場合、彼はフォーミュラEの第4シーズン(2017/18)の開幕から、フォーミュラEに参加できるかもしれない。

 今月始め、フォーミュラEのCEOであるアレハンドロ・アガグは、第4シーズンの開幕戦をF1が閉幕した後の12月以降にずらしたいと明らかにしていた。

【関連ニュース】

ブラジルでのフォーミュラE開催、シーズン4にも実現の可能性

引退撤回のマッサ、昨年ブラジルGPの”記念”マシンは「僕のモノ」 

ウイリアムズ、マッサへの復帰打診は”悪いこと”だと思っていた

メルセデス、ボッタス”移籍”の対価としてウイリアムズに経済支援

フェリペ・マッサQ&A「ウイリアムズだからこそ復帰を決意した」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE , F1
ドライバー フェリペ マッサ
チーム ジャガー・レーシング , ウイリアムズ
記事タイプ 速報ニュース