FE第8戦ベルリン決勝:ブエミ今季3勝目。ポイント差1で最終戦へ

フォーミュラE第8戦ベルリンePrixの決勝レースが行われ、2番グリッドからスタートしたセバスチャン・ブエミ(ルノー・e.ダムス)が優勝。ポイントリーダーであるルーカス・ディ・グラッシ(アプト・シェフラー・アウディ・スポート)との得点差を1ポイントまで縮めた。

 今回のベルリンePrix、レース前から波乱が待っていた。予選で上位だったブルーノ・セとニック・ハイドフェルドのマヒンドラ2台、ベンチュリのステファン・サラザン、ドラゴンのジェローム・ダンブロジオの4台に、タイヤ内圧違反などがあってグリッド降格ペナルティが課せられ、これらのマシンは最後尾からのスタートを強いられることになってしまった。

ブエミvsベルニュのオーバーテイク合戦

 絶好のスタートを決めたのは、2番グリッドのブエミ。スタート直後の第1コーナーのヘアピンでインを取り、ポールポジションスタートのジャン-エリック・ベルニュ(DSヴァージン)の前に出る。後方では多くの接触があり、特に4番手のサム・バード(DSヴァージン)のフロントウイングがグラついている。

 スタートでブエミにやられてしまったベルニュだが、これでは諦めない。続く1周目最後の第1コーナー(今回のコースは変則的で、スタートラインとフィニッシュラインが別であり、1コーナーのヘアピンをクリアしたところにフィニッシュラインがある)でブエミにやり返し、奪首。レースをリードしていく。

 先頭に立ったベルニュだが、ペースはなかなか上がらない。後方には多くのマシンが数珠つなぎで並ぶ展開だ。

 ブエミは苦しむベルニュを6周目にオーバーテイク。マシン幅ギリギリしかないところをブエミが鋭く突いて、先頭を奪う。3番手を走っていたダニエル・アプト(アプト・シェフラー・アウディ・スポート)もベルニュのオーバーテイクを狙うが、これは叶わず。ブエミはどんどんと2番手以下との差を広げていく。

 アプトはようやくベルニュを抜くが、すでにブエミとは3.5秒の差がついてしまっている。ダメージを負ったバードはオレンジボールフラッグが出され、ピットへの帰還を余儀なくされてしまう。これで、4番手のポジションをフイにしてしまう。

ハイドフェルドのオーバーテイクショー

 レース序盤に魅せたもうひとりは、ペナルティにより16番手グリッドからのスタートとなってしまったハイドフェルドである。ハイドフェルドは、ピットインまでに9台を抜き、7番手まで上がってみせるのだ。

 さて、アプトに抜かれたベルニュは、なんとか3番手のポジションを、ニコラス・プロストから守っていた。しかし、シケインのボラードに激突してしまい、右側のフロントウイングを破壊してしまう。ベルニュはそのまま走行を続けていくが、再び同じ箇所でボラードにヒット。今度はウイングを完全に脱落させてしまう。しかし、ピットインまであとわずか……ベルニュはポジションをいくつか落としながらも、1台目のマシンで予定の周回数を走りきる。

 ブエミがピットに入ったのは、24周目終了時点。アプト、プロスト、ベルニュらもこの段階で入ったが、ディ・グラッシはエネルギー消費を抑え、1台目のマシンをライバルより1周多く走らせる作戦を実行。結局コースに復帰した時、ディ・グラッシのポジションは4番手まで上がっていた。

 しかし28周目にフルコースコーションが宣言される。これは、ベルニュの1台目のマシンのウイングパーツがシケインに散乱しているためで、マーシャルにより迅速に回収・清掃が行われる。

ブエミ、貪欲に最速タイムも狙う

 29周目からレース再開。ブエミはファステストラップを連発し、2番手アプトとの差を10秒以上に開いていく。このまま圧勝するのかと思いきや、ブエミとアプトの差は一時4秒弱まで縮まってくる。何かのトラブルか? と心配もされたが、これはブエミがファステストラップ(=2ポイント)獲得を目指すため、前方にスペースを空けていたということのようだ。

 ブエミが逃げ、アプト、プロスト、ディ・グラッシがひと塊となる展開。しかし、各車なかなか決め手を見出せない。そんな中、39周目の最終1コーナーでディ・グラッシがプロストをオーバーテイク。これでアプト・シェフラー・アウディ・スポートが2-3位体制となる。

 先頭のブエミが42周目を走行していた際、ロイック・デュバル(ドラゴン)がクラッシュ。これによりセーフティカーが出動し、隊列がグッと縮まる。

 残り2周というところでレース再開。ブエミはリスタートと同時にポンと飛び出し、逃げる。アプト・シェフラー・アウディ・スポート陣営としては、チャンピオン獲得を考えれば、アプトとディ・グラッシのポジションを入れ替えた方がいい。一瞬、アプトが進路を譲るような素振りを見せたが、結局入れ替わることはなく、そのままチェッカーを受けることになる。

ポイント差1で最終戦ロンドンへ

 ブエミは今季3勝目を挙げ、25ポイントを獲得。ディ・グラッシは3位に入って15ポイントを獲得したが、両者のポイント差はわずか1(ディ・グラッシ:141ポイント、ブエミ:140ポイント)となっている。この最小ポイント差で、最終戦ロンドンePrixの2レースに臨むことになる。さて、結末やいかに?

 アプトが2位、プロストが4位と、ルノー・e.ダムスとアプト・シェフラー・アウディ・スポートがトップ4を分け合った。ベルニュは結局5位、以下ロビン・フラインス(アンドレッティ)、ハイドフェルド、マイク・コンウェイ(ベンチュリ)、シモーナ・デ・シルベストロ(アンドレッティ)、サラザンのトップ10となった。

 3位フィニッシュを果たしたディ・グラッシは、フルコースイエローコーション中のスピード違反が疑われ、レース後に審議が行われたが、お咎めなしに終わっている。

フォーミュラE第8戦ベルリンePrix 決勝結果:

PosDriverTeamTime/Gap
1 SwitzerlandSébastien Buemi  FranceDAMS 53:46.086
2 GermanyDaniel Abt  GermanyTeam Abt +1.767
3 BrazilLucas di Grassi  GermanyTeam Abt +2.381
4 FranceNicolas Prost  FranceDAMS +3.328
5 FranceJean-Eric Vergne  United KingdomVirgin Racing +4.927
6 NetherlandsRobin Frijns   Andretti +6.501
7 GermanyNick Heidfeld  IndiaMahindra Racing +7.700
8 United KingdomMike Conway  MonacoVenturi +8.305
9 SwitzerlandSimona de Silvestro   Andretti +12.473
10 FranceStéphane Sarrazin  MonacoVenturi +13.241
11 United KingdomSam Bird  United KingdomVirgin Racing +1 lap
12 United KingdomOliver Turvey  ChinaChina Racing +1 lap
13 BrazilNelson Piquet Jr.  ChinaChina Racing +1 lap
14 ChinaMa Qing Hua  JapanTeam Aguri +1 lap
15 BrazilBruno Senna  IndiaMahindra Racing +2 laps
16 BelgiumJérôme d'Ambrosio  United StatesDragon Racing +3 laps
Ret  René Rast  Team Aguri  
Ret Loic Duval  Dragon Racing  
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ フォーミュラE
イベント名 ベルリンePrix
サブイベント 土曜日 決勝レース
サーキット ベルリン・テンペルホフ空港
ドライバー ダニエル アプト , ルーカス ディ・グラッシ , セバスチャン ブエミ
記事タイプ レースレポート