ロシター、FEチームランク首位のテチータの開発ドライバーに就任

シェア
コメント
ロシター、FEチームランク首位のテチータの開発ドライバーに就任
執筆: Alex Kalinauckas
翻訳:: 青山悦子
2018/07/03 6:01

スーパーフォーミュラなどで活躍するジェームス・ロシターは、テチータの開発ドライバーに就任した。

James Rossiter, Techeetah
James Rossiter, Techeetah development driver
James Rossiter, Techeetah
James Rossiter, Techeetah

 ジェームス・ロシターは、フォーミュラEに参戦しているテチータの開発ドライバーに就任した。

 ロシターは今シーズン、VANTELIN TEAM TOM’Sからスーパーフォーミュラに参戦しており、第3戦を終えた時点でランキング15位につけている。またスーパーGTでは、第2戦富士で中嶋一貴の代役として#36 au TOM'S LC500をドライブし、第3戦鈴鹿では#6 WAKO'S 4CR LC500でフェリックス・ローゼンクヴィストの代役を務めた。

「開発ドライバーとしてテチータに加入することに興奮している」とロシターは話した。

「今やフォーミュラEはとてもエキサイティングなカテゴリーであり、僕がこのチャンピオンシップに参加したいというのは隠すまでもないことだ」

「僕は日本でスーパーフォーミュラにも参戦しているし、(フォーミュラEの)チャンピオンシップでトップに立っているチームの開発ドライバーになるという役割を受けることは、(実力を証明する)完璧な答えだ」

「チームの開発作業をサポートしたい。エンジニアリングチームとドライバーたちと密接に関わって作業をしていく。彼らは皆友人にように親しいんだ。共に素晴らしいシーズンにしていきたい」

 2013年から日本でレースをしているロシターは、これまでF1でもBAR、ホンダ、スーパーアグリ、フォースインディアなどでテスト行った経験を持っている。

 スーパーGTでは2013年と2014年に、2年続けて500クラスのランキング3位を獲得した。

 彼は昨年のベルリンePrixでフォーミュラEのデモカーを走らせており、今年1月にマラケシュで行われたルーキーテストにもテチータから参加していた。

次の フォーミュラE ニュース
得意のニューヨークで逆転FE王者を狙うバード。コース変更は逆風か?

前の記事

得意のニューヨークで逆転FE王者を狙うバード。コース変更は逆風か?

次の記事

スージー・ウルフ、ヴェンチュリのフォーミュラEチーム代表就任

スージー・ウルフ、ヴェンチュリのフォーミュラEチーム代表就任

この記事について

シリーズ フォーミュラE
ドライバー ジェームス ロシター
チーム テチータ
執筆者 Alex Kalinauckas
記事タイプ 速報ニュース