F1
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
3 days
MotoGP
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
3 days
スーパーGT
11 7月
-
12 7月
Canceled
R
17 7月
-
18 7月
Canceled
スーパーフォーミュラ
20 6月
-
21 6月
イベントは終了しました
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
46 days

フォーミュラE、”年またぎではない”シーズン7の暫定開催カレンダー発表

シェア
コメント
フォーミュラE、”年またぎではない”シーズン7の暫定開催カレンダー発表
執筆:
2020/06/20 6:44

フォーミュラEは、シーズン7(2020-2021)の暫定開催カレンダーを発表。開幕戦は2021年の1月に設定されたため、年またぎではないシーズンとなった。

 フォーミュラEのシーズン7の暫定カレンダーが、世界モータースポーツ評議会(WMSC)で承認された。これまでは年またぎで組まれるのが常だったフォーミュラEのシーズンだが、このシーズン7のレースは2020年に開催されることはなく、2021年内で完結することになった。

Read Also:

 開幕戦は1月16日に行われるサンティアゴePrixである。このサンティアゴePrixは、チリの政権交代が予想されていたため、2020年のレースが最後になるものとみられていた。ただその政権交代に先んじて、今回もカレンダー入りを果たすことができたようだ。

 また、フォーミュラEは南米で2レース開催することを希望しているため、ブラジルでのレースが開催カレンダー入りするとみられていた。しかし今回の暫定カレンダーには、チリ(サンティアゴ)しか南米のレースは組み込まれていない。

 2月13日にメキシコシティで第2戦を戦った後は中東に移動し、2019-2020シーズンの開幕戦を務めたサウジアラビアのディルイーヤへと向かう。このディルイーヤでのレースは、2月26日と27日の2日連続開催だ。そして5戦目は中国の三亜ePrixとなる。

 4月10日はイタリア、ローマePrixが組み込まれているが、これはFIAによるサーキットの公認が必要条件となっている。その2週間後にはパリでのレースが組まれている。2020年は中止となったモナコは、本来ならば2021年は開催できない年(モナコでは本来ならF1ヒストリックGPとの隔年開催だが、2021年は両レースとも開催予定である)にもかかわらずカレンダー入りを果たした。

 5月23日には韓国の首都ソウルで初のePrixを予定。その後、6月5日のイベントはまだ開催地未定である。

 2020年は急遽6レースを開催することになったベルリンは、2021年は1戦のみで、6月19日の開催予定。7月10日にはニューヨークに行く。そして7月24日と25日のロンドン2連戦でシーズン閉幕を迎える。

 政情不安が続く香港、そしてマラケシュとジャカルタの両ePrixは、開催予定カレンダーから外されている。

■フォーミュラE 2020-2021シーズン開催カレンダー(暫定版)
1. 1月16日:サンティアゴ(チリ)
2. 2月13日:メキシコシティ(メキシコ)
3. 2月26日:ディルイーヤ(サウジアラビア)
4. 2月27日:ディルイーヤ(サウジアラビア)
5. 3月13日:三亜(中国)
6. 4月10日:ローマ(イタリア)
7. 4月24日:パリ(フランス)
8. 5月8日:モンテカルロ(モナコ )
9. 5月23日:ソウル(韓国)
10. 6月5日:未定
11. 6月19日:ベルリン(ドイツ)
12. 7月10日:ニューヨーク(アメリカ)
13. 7月24日:ロンドン(イギリス)
14. 7月25日:ロンドン(イギリス)

Read Also:

次の記事
アウディ、FEベルリン6連戦でレネ・ラストの起用を決定。”替え玉解雇”アプトの後任に

前の記事

アウディ、FEベルリン6連戦でレネ・ラストの起用を決定。”替え玉解雇”アプトの後任に

次の記事

アプトの“替え玉事件”、実はアウディにとって好都合だった? グロックが持論を展開

アプトの“替え玉事件”、実はアウディにとって好都合だった? グロックが持論を展開
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ フォーミュラE
執筆者 Matt Kew