F1
28 3月
イベントは終了しました
16 4月
次のセッションまで……
14 時間
:
46
:
36
MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました
スーパーGT
11 4月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
04 4月
イベントは終了しました

2021年から世界選手権に……F1の”レベル”に近づくフォーミュラE

メルセデスのフォーミュラEチームの代表であるイアン・ジェームスによると、フォーミュラEとF1のレベルは近付きつつあり、ドライバーやエンジニアがお互いに行き来できるようになる段階が近づきつつあるという。

2021年から世界選手権に……F1の”レベル”に近づくフォーミュラE

 フォーミュラEは、2021年から始まる第7シーズンから、F1などと並ぶFIAの世界選手権シリーズに認定されることになり、名実ともに最高峰のレースシリーズのひとつということになる。

Read Also:

 このフォーミュラEに参戦する24人のドライバーのうち6人は、少なくとも1戦以上F1のレースを戦った経験がある。ルーカス・ディ・グラッシはヴァージンのドライバーとして18レースに参戦、ジャン-エリック・ベルニュはトロロッソのドライバーとして58戦、ストフェル・バンドーンはマクラーレンから41戦、セバスチャン・ブエミはトロロッソから55戦、パスカル・ウェーレインはマノーとザウバーから合計39戦、アンドレ・ロッテラーはケータハムから1戦、それぞれF1のレースに出走している。

 しかし最近では、元F1ドライバーのフォーミュラE参戦数が減少しつつあるのもまた事実だ。しかしフォーミュラEのレベルが落ちているかといえばそうではない。各チームは、下位カテゴリーではそれほど目立たなかったものの確実に能力を持つドライバーや、スポーツカーレースで活躍したドライバーを起用する傾向が高まっている。

 メルセデスのフォーミュラEチームの代表であるイアン・ジェームスは、フォーミュラEが新シーズンから世界選手権シリーズとなることで、ドライバーとチームスタッフのレベルはますます上がり、F1に匹敵するモノになりつつあると考えている。

「シリーズとしてのフォーミュラEは、今やF1とフォーミュラEの両方向の流れを確認するようになった」

 そうジェームス代表は語る。

「それは、ドライバーに関することだけではない。チームのスタッフ全体を観て欲しい。エンジニア、メカニック、マネジメント陣、そしてドライバー……その全てがそうなのだ」

「毎年、ふたつのシリーズの間を移動する人の姿がある。それには、いくつかの確かな理由があるのだ」

「シーズン7に入ると、その事実が再び示されるだろう。この新シーズンは、フォーミュラEとしては世界選手権になって初めての年だ。そのステータスを得るのは当然のことであり、将来に向けて我々の役に立つモノとなるだろう」

 メルセデスのフォーミュラEチームは、同社のF1チームのスタッフから、すでに恩恵を受けている。元F1ドライバーであり、現在はメルセデスF1チームのリザーブドライバーを務めるバンドーンはチームを牽引する役割を果たし、2019-2020シーズンのランキング2位となった。また同シーズンの最終レースでは、ニック・デ・フリーズと共に1-2フィニッシュを決めている。

 さらにメルセデスは、F1もフォーミュラEも共に、ブラックリーのファクトリーと、パワートレイン開発の専門部隊であるハイパワー・パワートレインズ(HPP)との共同プロジェクトという形態である。

 また、ニコ・ロズベルグが2016年にF1チャンピオンに輝いた際、彼のレースエンジニアを務めていたトニー・ロスは、2018年にメルセデスの先遣隊としてフォーミュラEデビューを果たしたHWAに加入。現在も関与を続けている。

 こういった事例は、メルセデスだけではない。マヒンドラは、元メルセデスHPPのトップであるヨーゼフ・ホールデンを獲得し、2021年シーズンに挑む。

 逆に、F1を含めて他のカテゴリーから注目されているという事例も存在する。フォーミュラEで2度のチャンピオンを獲得した経験を持つベルニュは、F1チームからのアプローチがあったことも明かしている。またそのチームメイトであるアントニオ・フェリックス・ダ・コスタは、2019-2020年のタイトルを獲得した後、レイホール・レターマン・ラニガンのインディカーをテストで走らせている。

Read Also:

シェア
コメント
フォーミュラE開幕戦サンティアゴ、新型コロナ変異の影響で開催延期に

前の記事

フォーミュラE開幕戦サンティアゴ、新型コロナ変異の影響で開催延期に

次の記事

今年の“新人王”は文句なし? 読者が選ぶ2020年ベストルーキー

今年の“新人王”は文句なし? 読者が選ぶ2020年ベストルーキー
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , フォーミュラE
執筆者 Matt Kew