フォーミュラE、シーズン6韓国・ソウル開催が決定「日本からの誘客を期待できる」

シェア
コメント
フォーミュラE、シーズン6韓国・ソウル開催が決定「日本からの誘客を期待できる」
執筆: Alex Kalinauckas
2018/11/30 12:10

フォーミュラEは、2019-2020年のシーズン6から、韓国・ソウルでもレースを行うことを目指し、現地のプロモーターとの契約を締結した。

 2019年末の開幕するフォーミュラEのシーズン6。その開催カレンダーに、韓国の首都ソウルが加わることになりそうだ。

 フォーミュラEは、JSMホールディングスと韓国国内でのレース開催契約を締結。フォーミュラEが発表した声明によれば、その開催地は首都ソウルの、光化門広場とソウル広場付近になる予定だ。

「フォーミュラEをソウルに持って行くことについて、非常に興奮している。このニュースは、正しい方向に向けた大きな一歩だ」

 フォーミュラEのCEOであるアレハンドロ・アガグは、そう声明を発表した。

「韓国、そして特にソウルは、ePrixを開催するには理想的な場所だ。そして、電気自動車のレースが提供しなければならないもののショーケースとなるだろう」

「韓国は将来に向けた発展の最前線にあり、最先端のイノベーションで、その道を先導している。そして、自動車や技術的な分野で、世界的なトレンドセッターとして認識されている」

 JSMホールディングスのムン・ジェイ・シクCEOも、次のようにコメントを寄せた。

「このイベントは、実にエキサイティングで競争的なレースシリーズというプラットフォームを使い、世界中の自動車ブランドの、電気自動車における技術開発を示すことになる」

「また、クリーンな輸送手段とモータースポーツへの関心が高い地域である、中国や日本からの観光客誘致にも貢献することになるだろう」

次の記事
ニッサン・e.ダムス加入のローランド「全てが新しい挑戦で楽しみ」

前の記事

ニッサン・e.ダムス加入のローランド「全てが新しい挑戦で楽しみ」

次の記事

日本初の第2世代フォーミュラEマシンのデモラン、”段違い”の加速に注目

日本初の第2世代フォーミュラEマシンのデモラン、”段違い”の加速に注目
Load comments

この記事について

シリーズ フォーミュラE
執筆者 Alex Kalinauckas