ベルリンePrix予選:アプト、シーズン1以来のPP獲得。ベルニュ3位

シェア
コメント
ベルリンePrix予選:アプト、シーズン1以来のPP獲得。ベルニュ3位
2018/05/19 13:07

フォーミュラE第9戦ベルリンePrixの予選が行われ、アウディ・スポート・アプト・シェフラーのダニエル・アプトがポールポジションを獲得した。

 フォーミュラE第9戦ベルリンePrixの予選が行われ、アウディ・スポート・アプト・シェフラーのダニエル・アプトがポールポジションを獲得した。

 ベルリンePrixの舞台は、テンペルホーフ空港の跡地。ここに特設された1周2.375kmのコースである。

 まず行われた予選グループ1では、まずダニエル・アプト(アウディ・スポート・アプト・シェフラー)がトップタイム。2番手にはオリバー・ターベイ(NIO)が入った。アンドレ・ロッテラー(テチータ)はセクター1こそ速かったものの、セクター2でウォールに接触するミスがあり、グループ最下位に沈んだ。

 グループ2で最速だったのは、DSヴァージンのアレックス・リン。総合の3番手だった。リンはセクター1でアプトのペースを上回っていたものの、その後のセクターで遅れをとった。

 グループ3にはランキング下位5台が登場。今回から参戦のステファン・サラザン(アンドレッティ)と、トム・ディルマン(ヴェンチュリ)も走行を行った。

 このグループで最速だったのはジェローム・ダンブロジオ(ドラゴン)で、総合2番手に飛び込んだ。ディルマンも初参戦ながら、この時点で7番手とまずまずの位置につけた。

 グループ4にはランキング上位5人が出走。ここでまず速さを見せたのはランキング首位のジャン-エリック・ベルニュ(テチータ)で、総合首位に浮上する。しかしその直後にアタックを行ったルーカス・ディ・グラッシ(アウディ・スポート・アプト・シェフラー)が1分9秒620で、首位の座を奪う。

 結果、ディ・グラッシ、ベルニュ、アプト、ダンブロジオ、ターベイの5人がスーパーポールセッションへの進出を決めた。フェリックス・ローゼンクヴィスト(マヒンドラ)は6番手、セバスチャン・ブエミ(ルノー・e.ダムス)が7番手、サム・バード(DSヴァージン)は10番手となった。

 続いて行われたスーパーポールセッションでトップタイムを記録したのはアプト。アプトは自身の予選アタックタイムも更新し、1分9秒472を記録。自身2度目、シーズン1以来のポールポジションを獲得した。2番手にはターベイ、3番手にはベルニュ、4番手にはダンブロジオが入った。予選首位だったディ・グラッシはミスもあり、なんとスーパーポールセッションで最下位、5番グリッドからのスタートとなった。

 この後、決勝レースは現地時間の18時4分(日本時間25時4分)にスタートする。

→フォーミュラE第9戦ベルリンePrix予選結果

→フォーミュラE第9戦ベルリンePrixスーパーポールセッション結果

次の フォーミュラE ニュース
ベルリンePrix決勝:アプト盤石の走りで母国レース制圧。アウディ1-2

前の記事

ベルリンePrix決勝:アプト盤石の走りで母国レース制圧。アウディ1-2

次の記事

日産のデビュー戦、フォーミュラE第5シーズンはサウジアラビアで開幕

日産のデビュー戦、フォーミュラE第5シーズンはサウジアラビアで開幕

この記事について

シリーズ フォーミュラE
イベント ベルリンePrix
サブイベント 土曜日 予選
ロケーション ベルリン・テンペルホフ空港
記事タイプ 予選レポート