フォーミュラE三亜ePrixのリザルト確定。ブエミ&モルタラが降格処分

シェア
コメント
フォーミュラE三亜ePrixのリザルト確定。ブエミ&モルタラが降格処分
執筆:
2019/03/23 13:01

多数のドライバーが審議対象となっていたフォーミュラE三亜ePrixの最終結果が確定。ベルニュの今季初優勝が確定した。

 フォーミュラE第6戦三亜ePrixの最終リザルトが確定。6位に入ったセバスチャン・ブエミ(日産・e.ダムス)が、レース終盤の接触の責任を問われて10秒のタイム加算ペナルティを科せられて8位に降格。また10位に入ったエドアルド・モルタラ(ベンチュリ)も、アタックモードを使い切れなかったとして16秒のタイム加算ペナルティを科されて13位に降格となった。

 中国・海南島の三亜で行われたフォーミュラE第6戦の決勝はまさに乱戦となり、審議対象者が多く出た中でのフィニッシュとなった。

 しかしその最終順位が確定。トップチェッカーを受けたジャン-エリック・ベルニュ(DSテチータ)の優勝が確定した。

 ベルニュも審議対象になっていたひとり。セーフティカーラン中に遅く走りすぎ、「セーフティカーから10車身以内の距離を保たなければならない」とのレギュレーションに違反してしまったのだ。ベルニュはこの件について懲戒処分を受けたものの、リザルトに影響することはなかった。

 2位オリバー・ローランド(日産・e.ダムス)は、レース中にアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(BMWアンドレッティ)と接触したことについて審議対象となったが、お咎めなし。また、ダ・コスタはレース終了時にアタックモードを使い切っていないとの表示がなされていたが、実際には使い切っていたと判断されたようだ。

 この結果、トップ3は変動なく確定。4位アンドレ・ロッテラー(DSテチータ)と、5位ダニエル・アプト(アウディ)は、レース終了直後に”お咎めなし”との判断が下されていたが、それぞれフルコースイエロー(FCY)中の速度違反により罰金が科せられている。

 しかし6位フィニッシュのブエミは、レース終盤にロビン・フラインス(ヴァージン)に追突した責任を問われ、10秒のタイム加算ペナルティ。8位に降格となった。またブエミも、FCY中の速度違反による罰金も命じられた。

 10位でフィニッシュしたモルタラは、レース中にアタックモードを使い切らなかったとして、ドライブスルーペナルティを受けた。これはレース後に下された判断だったため、代わりに16秒のタイム加算となり、13位に降格となっている。

 この結果、フェリペ・マッサ(ベンチュリ)が10位に繰り上がり、1ポイントを手にしている。

 この他、ブエミに追突されたフラインスのマシンに撃墜される形となったルーカス・ディ・グラッシ(アウディ)が、スチュワードに指示される前にマシンを降りたとして、5000ユーロ(約62万円)の罰金を科せられている。

次の記事
フォーミュラE三亜決勝:審議だらけの結末……ベルニュが首位、日産初表彰台

前の記事

フォーミュラE三亜決勝:審議だらけの結末……ベルニュが首位、日産初表彰台

次の記事

「こんなの不公平だ」車検に時間がかかり、充電できず……ブエミ憤慨

「こんなの不公平だ」車検に時間がかかり、充電できず……ブエミ憤慨
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ フォーミュラE
イベント 第6戦三亜ePrix
サブイベント Race
執筆者 田中健一
まずは最新ニュースを読む