F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

BMWの1-2フィニッシュは幻に……ギュンターにペナルティ。他にも複数の罰則

シェア
コメント
BMWの1-2フィニッシュは幻に……ギュンターにペナルティ。他にも複数の罰則
2019/11/24 3:24

フォーミュラE第2戦ディルイーヤePrixのレース1で2番手フィニッシュを果たしたBMWのマキシミリアン・ギュンターは、レース後にペナルティを受け、11位に降格することになった。

 フォーミュラEの第2戦ディルイーヤePrixのレース2は、フィニッシュ後に多くの審議が行なわれ、順位変動も複数起きることになった。そのうちのひとりが2番手フィニッシュを果たしていたBMWのマキシミリアン・ギュンターで、結局11位に降格させられることとなった。

Related videos:

 ギュンターは最後のセーフティカーが解除された際、コントロールラインの手前でルーカス・ディ・グラッシ(アウディ)とストフェル・バンドーン(メルセデス)を抜いてしまい、24秒加算のペナルティを受けたのだ。

 レギュレーションでは、セーフティカーランが解除された際、コントロールラインを通過するまでオーバーテイクを行なうことは許されていない。ターン19のアウト側にあるアタックゾーンを通過し、アタックモードを起動させたドライバーであっても、抜くことは許されないのだ。しかしギュンターは、ディ・グラッシとバンドーンをコントロールラインの前で抜いてしまった。

 ギュンターは2番手でチェッカーを受けたが、このオーバーテイクの件についてレース後に審議対象となった。

「残念ながら、レギュレーションではコントロールラインに到達するまでオーバーテイクすることはできないということだ」

 そうFIAのレースディレクターであるスコット・エルキンズはmotorsport.comに対して語った。

「いくつかのことが同時に起きた。我々が抱えていた問題で、その時に多くのことが起こったということだった」

「数人のドライバーが、アタックモードを起動させた。そしてそのほかの数人は、ピットに入った。多くのことが起きていたので、実際に何が起きたのかということを解明するために、非常に長い時間がかかったのだ」

「アタックゾーンが、セーフティカーラインに非常に近かった。それはこのサーキットの問題の一部だった」

 ギュンターはこのペナルティの結果11位に落ちた。そしてディ・グラッシが2位、バンドーンは3位となり、2レース連続でのポイントを獲得した。

 レース後にペナルティを受けたのは、ギュンターだけではなかった。

 メルセデスのニック・デ・フリーズは、チームが公式サプライヤーの指示に従わなかったとしてバッテリーの違反を問われ、5秒のペナルティを受けた。さらにセーフティカーラン中にオーバーテイクしたということで、24秒のタイム加算ペナルティも受けている。この結果、デ・フリーズは7番手でフィニッシュしたものの、最終的には16位になった。

 さらにNIOのオリバー・ターベイは、規定されていた最大エネルギー量を0.06kWh上回るエネルギー使ってしまったことでレース失格となった。

 これらのペナルティの結果、ジャン-エリック・ベルニュ(DSテチータ)とブレンドン・ハートレー(ドラゴン)、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(DSテチータ)がポイント圏内に浮上することとなった。

Read Also:

次の記事
FEディルイーヤ2決勝:BMWが1-2フィニッシュ。ただ審議対象者多数……

前の記事

FEディルイーヤ2決勝:BMWが1-2フィニッシュ。ただ審議対象者多数……

次の記事

SC解除後にコース上に作業車……FE第2戦の”大問題”はコミュニケーションミス

SC解除後にコース上に作業車……FE第2戦の”大問題”はコミュニケーションミス
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ フォーミュラE
イベント 第2戦ディルイーヤePrixレース2
サブイベント Race
ドライバー マキシミリアン ギュンター
チーム BMW i Andretti Motorsport