トップイベント

マクラーレン、フォーミュラEのエントリー枠を確保。2022年から参戦の可能性も?

シェア
コメント
マクラーレン、フォーミュラEのエントリー枠を確保。2022年から参戦の可能性も?
執筆:

マクラーレン・レーシングはフォーミュラEと合意し、第3世代マシンが導入される2022年のエントリー枠を確保することになった。

 マクラーレン・レーシングは、フォーミュラEに第3世代マシンが導入される2022年シーズンのエントリー枠を確保することで、フォーミュラEと合意に達した。

 この合意によりマクラーレンのフォーミュラE参戦が決まったわけではないものの、マクラーレンが参戦を決めた場合にはエントリーが保証されることになる。

 これは、アウディとBMWが2021年シーズン終了後にフォーミュラEから撤退するため、12チーム中2チームの空席が生まれることを受けて決まったものだ。

Read Also:

 2016年10月には、メルセデスが同様の合意を行なっている。その結果、2018-19年シーズンにHWAが参戦した後、そのエントリーを引き継ぐ形でメルセデスが2019-20年シーズンからフォーミュラEに参戦している。

 フォーミュラEのジェイミー・ライグルCEOは、motorsport.comに次のように語った。

「これはチャンピオンシップへの自信の現れだ」

「モータースポーツ界で最も象徴的な存在であるマクラーレン・レーシングがフォーミュラEに参加するオプションを確保したことを嬉しく思っている」

「彼らは今後数ヵ月の間にいくつかの作業と評価を行ない、その後に決定を下すだろう。オプションの段階から完全な承認に移行することができれば、私はそれが非常にエキサイティングだと思う」

 フォーミュラEの共同創設者であり会長でもあるアレハンドロ・アガグは「マクラーレン・レーシングが第3世代のフォーミュラEのグリッドに参加するオプションを確保したことは、我々のスポーツの継続的な影響力を証明している」と話した。

「モータースポーツ界で最も有名なドライバーたちがすでにフォーミュラEに参戦している中、マクラーレン・レーシングがフォーミュラEへの参戦を検討することになったことを嬉しく思う」

 マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは先日、120kgの軽量化と350kW(約470馬力)までのパワーアップが特徴とされる第3世代マシンが導入されるフォーミュラEへの参戦を検討していると明かした。

 近年マクラーレンは、インディカー・シリーズへのフル参戦を開始し、FIA世界耐久選手権(WEC)やIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権への参戦が可能なLMDh規定にも興味を持つなど、F1以外のカテゴリーにも関心を示している。

 またマクラーレン・アプライド・テクノロジーズと、そのパッテリーパートナーであるAtieva(アティエヴァ)がフォーミュラEの第2世代マシンにバッテリーを供給してきたが、第3世代マシンのバッテリーはウイリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングが供給することになる。

「我々はしばらくの間、フォーミュラEを注意深く観察し、シリーズの進歩と将来の方向性を見守ってきた」

 そうブラウンは話した。

「第2世代の終了時にFIAとのサプライヤー契約を完了し、エントリーを検討するチャンスが得られた。マクラーレンの将来の競争プラットフォームとして、フォーミュラEが適切かどうかを判断するために必要な時間を与えてくれる」

 ライグルは「マクラーレンは、Gen2バッテリーシステムのサプライヤーとしてフォーミュラEの成功に多大な貢献をしてくれた」と付け加えた。

「我々はマクラーレン・レーシングと協力し、彼らの評価の一環としてフォーミュラの商業的、競技的なポテンシャルを新たなレベルに引き上げる方法を検討することを楽しみにしている」

Read Also:

フォーミュラE、2月のサウジアラビア戦は予定通り開催へ。1月のチリ戦は延期が決定済

前の記事

フォーミュラE、2月のサウジアラビア戦は予定通り開催へ。1月のチリ戦は延期が決定済

次の記事

ルノー&アルピーヌ、ロータスとの関係を強化。共にフォーミュラEに参戦する可能性も?

ルノー&アルピーヌ、ロータスとの関係を強化。共にフォーミュラEに参戦する可能性も?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ フォーミュラE
執筆者 Matt Kew