F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

モナコePrix予選:日産のローランドが最速も、前戦のペナルティでベルニュPP

シェア
コメント
モナコePrix予選:日産のローランドが最速も、前戦のペナルティでベルニュPP
執筆:
2019/05/11 12:59

フォーミュラE第9戦モナコePrixの予選が行われ、ジャン-エリック・ベルニュ(DSテチータ)がポールポジションを獲得した。

 フォーミュラE第9戦の舞台は、隔年開催となっているモナコePrix。予選のスーパーポールセッションで最速だったのは日産・e.ダムスのオリバー・ローランドだったが、ペナルティによりジャン-エリック・ベルニュ(DSテチータ)がポールポジションを獲得した。

 グループ予選で4番手タイムを残し、スーパーポールセッションに進んだローランドは、50秒021のタイムをマーク。自身がFP2で記録したトップタイム、49秒847より遅かったものの、ベルニュを0.021秒差で上回りスーパーポールトップとなった。

 しかしローランドには、前戦パリePrixでの接触で3グリッド降格ペナルティが科されていたため、決勝を4番グリッドから臨むことに。

 ポールポジションから決勝に臨むベルニュは、セクター1では最速だったものの、セクター2、3でわずかにタイムを失い、2番手タイムとなった。

 3番手はミッチ・エバンス(ジャガー)。しかし、彼はスーパーポールの手順違反を疑われており、審議対象となっている。彼は、予選用の出力モードを起動するのが早すぎたのではないかと考えられている(※追記:審議の結果、エバンスは10グリッド降格のペナルティを受け、12番手からのスタートとなった)。

 パスカル・ウェーレイン(マヒンドラ)が4番手となっており、ローランドのペナルティの恩恵を受けて、決勝を3番手からスタートする。ヴェンチュリのフェリペ・マッサが5番手となっている。

 セバスチャン・ブエミ(日産・e.ダムス)はこれまで2度モナコで開催されたフォーミュラEのレースで勝利しており、今回もスーパーポールへと駒を進めたが、セクター1でタイムをロスし6番手となった。

 ポイントリーダーのロビン・フラインス(ヴァージン)は予選12番手。ランキング2位のアンドレ・ロッテラー(DSテチータ)は、予選グループ1で最初にアタックしたが、アタック中にタイヤをロック。最終コーナーでバリアと軽く接触したことも響き、22番手で予選を終えている。

→【リザルト】フォーミュラE第9戦モナコePrix:予選

次の記事
タイトル争いの芽は“無くなった”。日産ブエミ、優勝チャンスを逃し白旗

前の記事

タイトル争いの芽は“無くなった”。日産ブエミ、優勝チャンスを逃し白旗

次の記事

モナコePrix決勝:ベルニュ今季2勝目。マッサ、遂に表彰台に上がる

モナコePrix決勝:ベルニュ今季2勝目。マッサ、遂に表彰台に上がる
コメントを読み込む