ニスモ片桐社長「まずはフォーミュラEを皆さんに知ってもらいたい」

シェア
コメント
ニスモ片桐社長「まずはフォーミュラEを皆さんに知ってもらいたい」
執筆: 吉田知弘
2018/12/04 1:05

ニスモの片桐隆夫社長は今季から参戦する日産のフォーミュラE挑戦を通じて、同カテゴリーの日本での認知度向上につながればと語った。

 NISMO FESTIVAL 2018で日本初走行を披露したニッサン・e.ダムスの第2世代フォーミュラEマシン。ニスモの片桐隆夫社長は、こういった機会を通じて日産ファンや日本のモータースポーツファンに、フォーミュラEへの興味を持ってもらいたいと語った。

 シーズン5から名門e.ダムスと組んでフォーミュラEに挑戦する日産。それに先立ち、先日富士スピードウェイで行われたNISMO FESTIVAL 2018で今季から導入される第2世代のマシンが日本初登場し、リザーブ兼テストドライバーを務める高星明誠が迫力あるデモ走行を披露した。

 フォーミュラEの最新マシンが日本で初めて走るということで、ピットガレージに多くのファンが訪れたほか、デモラン時もメインストレート周辺にファンが集まり、注目度の高さが伺えた。

 NISMO FESTIVALの前日に、メディア向けのグループインタビューに出席した片桐社長。その際に片桐長は、今回デモランを実施したことで、日本でのフォーミュラE認知度向上に繋がって欲しいとの期待を語った。

「まだまだフォーミュラEというものを知っている人は少ないと思います。今回こうして我々日産が参戦するということで、日産ファンをはじめ日本のレースファンに、まずはフォーミュラEというものを知ってもらいたいと思っています」

「今回のNISMO FESTIVALは(フォーミュラEの認知度を広める上で)非常に重要な役割を担っています。日本で初めて第2世代のマシンが走るからです。これを来場したファンの皆さんに興味を持っていただいて、まずは2週間後の開幕戦からレースを観てもらう……今年もJ SPORTSさんなどで放送がありますからね。そうやって、フォーミュラEに興味を持ってくれる方がどんどん増えればと思いますし、それが大きくなっていけば日本でのレース開催も見えてくると思います」

 そう語った片桐社長。フォーミュラEの日本開催への期待も高まりつつあるが、まずは日本でのさらなるフォーミュラEの認知度向上が不可欠だと考えているようだ。

 また、フォーミュラEの日本開催に関しては日産グローバルマーケティングのルー ドゥ・ブリーズ常務役員も積極的な考えを持っていることを明かした。

「ぜひ、日本で開催してほしい。特に横浜あたりでの開催がいいと思っている。とはいっても、日本開催の実現はオーガナイザーや地元自治体次第というところもあるが、それに向けて可能であれば我々も積極的にオーガナイザーの方々と話をしていきたいと考えている」

次の記事
日産の新たな歴史の1ページ。『NISMO FESTIVAL 2018』が閉幕

前の記事

日産の新たな歴史の1ページ。『NISMO FESTIVAL 2018』が閉幕

次の記事

フォーミュラEシーズン5来週開幕! マッサ、バンドーン……F1経験者も多数参戦

フォーミュラEシーズン5来週開幕! マッサ、バンドーン……F1経験者も多数参戦
Load comments

この記事について

シリーズ フォーミュラE
執筆者 吉田知弘