フォーミュラE第5戦バレンシアePrix:SC4度、電池切れ続出の”大混乱”。デ・フリーズが大逆転優勝

フォーミュラE第5戦バレンシアePrixは、セーフティカーや電池切れが続出する波乱のレースとなり、メルセデスのニック・デ・フリーズが優勝した。

フォーミュラE第5戦バレンシアePrix:SC4度、電池切れ続出の”大混乱”。デ・フリーズが大逆転優勝

 フォーミュラEの第5戦バレンシアePrixの決勝レースが行なわれ、ニック・デ・フリーズ(メルセデス)が大混乱のレースを制した。

 リカルド・トルモ・サーキットで行なわれるダブルヘッダーの1戦目となる第5戦は、予選までドライコンディションで行なわれたものの、決勝は雨が降るウエットコンディションで行なわれた。

 予選でトップタイムを記録したストフェル・バンドーン(メルセデス)だったが、タイヤ規則の違反で最後尾に後退。ポールポジションには昨季王者のアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(DSテチータ)がついた。

 セーフティカー(SC)先導でレースは静かにスタート。2周目からグリーンフラッグが振られるが、ターン9でセバスチャン・ブエミ(日産・e.ダムス)がアンドレ・ロッテラー(ポルシェ)に追突されて動けなくなってしまい、再度SCが導入された。

 次第に雨量が強まり、視界が悪くなっていく中、上位は同じようなタイミングで2度の使用が義務付けられているアタックモード1回目を起動。パワーが増えた影響で挙動を乱しながら周回を重ねていった。

 そんな中、ダ・コスタは快調に首位を走行。4秒ほどのリードを築いていたものの、ズルズルとポジションを下げていたマキシミリアン・ギュンター(BMW)がレース折り返しを前にクラッシュ。再びのSC出動となった。

 これでリードを失ったダ・コスタは、ペースよく2番手まで浮上したニック・デ・フリーズ(メルセデス)に迫られるが、ダ・コスタはジリジリと差を広げていった。

 デ・フリーズは逆転を目指して2度目のアタックモードを起動するが、その直後にセルジオ・セッテ・カマラ(ドラゴン)のスピンで3度目のSC出動。その間にデ・フリーズのアタックモードは終了してしまった。

 リスタートを上手く決めたダ・コスタは、ファンブーストを使ってデ・フリーズとの差を広げるとポジションを落とすことなくアタックモードを起動することに成功した。しかし波乱のレースはまだ終わらず。ロッテラーがエドアルド・モルタラ(ヴェンチュリ)と接触し、グラベルで止まってしまったため4度目のSC出動となった。

 SC走行の長さに応じたエネルギーが差し引かれた結果、グリーンフラッグが振られた残り2周の段階で各車のエネルギー残量はごくわずか。ダ・コスタはファイナルラップに入ったメインストレートでバッテリー残量が1%となった。各車とも、バッテリーの使いすぎを防ごうとファイナルラップでスローダウンし、バッテリーに余裕があるマシンが一気に順位を上げていくという、前代未聞の展開となった。

 上位陣で唯一バッテリーに余裕があったデ・フリーズは、危なげなくトップチェッカー。2位には、最後のSC中は15番手だったニコ・ミューラー(ドラゴン)が2周で13ポジションアップし、初表彰台を手にした。最後尾スタートだったバンドーンが接触に対するペナルティを受けながらも3位に入った。

 ニック・キャシディ(ヴァージン)は最後はスロー走行となりながらも何とかバッテリーを保たせ、4位フィニッシュ。決勝レースで初めてポイントを獲得した。ファイナルラップに入った時点でトップに立っていたダ・コスタは7位となった。

 結局完走扱いとなったのは、24台中12台。2番手でチェッカーを受けた日産・e.ダムスのオリバー・ローランドはエネルギーの使いすぎで失格となっている。ただこの裁定は最終決定ではないようで、レース後の調査で結果が変動する可能性がありそうだ。

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Netherlands ニック デ・フリーズ Germany メルセデス 24 48'20.547     100.6 25
  United Kingdom オリバー ローランド France DAMS 24 48'22.651 2.104 2.104 100.5  
  United Kingdom アレクサンダー シムス India マヒンドラ 24 48'33.616 13.069 10.965 100.1  
2 Switzerland Nico Müller United States ドラゴン・レーシング 24 48'33.675 13.128 0.059 100.1 18
3 Belgium ストフェル バンドーン Germany メルセデス 24 48'55.433 34.886 21.758 99.7 15
4 New Zealand ニック キャシディ United Kingdom ヴァージン・レーシング 24 48'57.450 36.903 2.017 99.3 12
5 Germany René Rast Germany アウディ・スポーツABT 24 49'12.197 51.650 14.747 98.8 10
6 Netherlands ロビン フラインス United Kingdom ヴァージン・レーシング 24 49'13.532 52.985 1.335 98.8 9
  Portugal アントニオ フェリックス・ダ・コスタ China テチータ 24 49'30.085 1'09.538 16.553 98.2 3
  United Kingdom アレックス リン India マヒンドラ 24 49'53.952 1'33.405 23.867 97.4 1
シェア
コメント
ポールポジションが幻に。バンドーン、タイヤ規則違反による予選タイム抹消で最後尾スタート

前の記事

ポールポジションが幻に。バンドーン、タイヤ規則違反による予選タイム抹消で最後尾スタート

次の記事

フォーミュラE第5戦バレンシアは結局5台が失格に! FIA「最後、残り2周のレースになったのは驚き」

フォーミュラE第5戦バレンシアは結局5台が失格に! FIA「最後、残り2周のレースになったのは驚き」
コメントを読み込む