バンドーン、フォーミュラEデビューに向け「もう少し準備したかったけど……」

シェア
コメント
バンドーン、フォーミュラEデビューに向け「もう少し準備したかったけど……」
執筆: Graham Keilloh , Writer
協力: Alex Kalinauckas
2018/11/07 6:28

フォーミュラEにシーズン5から参戦することが決まっている、現マクラーレンのストフェル・バンドーン。彼はFEデビューに先立ち、「もう少し準備したかった」と認める。

 今季限りでマクラーレンF1のレギュラーシートを失うことになってしまったストフェル・バンドーンは、シーズン5からHWAの一員としてフォーミュラEに挑戦することになっている。そのデビュー戦に先立ちバンドーンは、先日バレンシアで行われたプレシーズンテストに参加。フォーミュラEのGen2マシンをドライブした。

 しかし現在F1に参戦中のバンドーンは、アメリカGPに向かわねばならず、1日の走行を残してバレンシアを後にした。

 初日のバンドーンは、午後にバッテリーのトラブルに見舞われてマシンを止め、さらに2日目に行ったレースシミュレーションでも、早々にマシンを止めることとなった。

 テストが期待どおりうまく行ったかと尋ねられたバンドーンは、motorsport.comに次のように語った。

「悪いテストだったとは思わないけど、理想的じゃなかった」

「もっと走って、もう少し準備したかった。レース距離も走っていないし、予選シミュレーションもできていないからね」

「実際にレースに出る時には、もっとたくさんのことを探さなければいけないだろう。でも、それはいつでも同じだ」

「僕はまだ、F1のプログラムも並行して進めている。現時点では、別のマシンから別のマシンに飛び移らなきゃいけない。でも、それについては心配していないんだ」

「シーズンが始まる時には、他の幾つかのチームと比較して、学ばなきゃいけないことがたくさんある。でも、これは誰にとっても新しい経験なんだから、普通のことだ」

 バンドーンはデビューに向け、FE特定のレースプロセスを学習することに集中すると説明する。

「まだまだ、学ばなければいけない操作がたくさんある」

 そうバンドーンは語った。

「特にレース中のエネルギーマネジメントや、チームのコミュニケーションなどだ」

「この前のテストで経験できなかったのは、レース関連のモノが多いからだ」

「でも、シミュレータでできることはたくさんある。開幕戦に行く前に、おそらく多くの時間をシミュレータに費やすことになるだろう」

「僕の側でできる唯一のことは、操作上で何をすればいいか、100%理解しておくことだけだ」

次の記事
フォーミュラE、ソフトウェア開発激化。ブエミ「F1のエアロ開発に相当」

前の記事

フォーミュラE、ソフトウェア開発激化。ブエミ「F1のエアロ開発に相当」

次の記事

ギュンター、ドラゴンからフォーミュラE参戦。全シートが埋まるも……

ギュンター、ドラゴンからフォーミュラE参戦。全シートが埋まるも……
Load comments

この記事について

シリーズ フォーミュラE
ドライバー ストフェル バンドーン
チーム HWA AG
執筆者 Graham Keilloh
記事タイプ 速報ニュース