フォーミュラE サンパウロE-Prix

WECスパ→FEベルリン2戦目の“はしご参戦”問題、11チームの投票結果は「却下」

WEC(世界耐久選手権)と日程が重複する5月のフォーミュラEベルリンePrixのダブルヘッダーについて、2戦目へWEC掛け持ちのドライバーが出場できるようにするかどうかの投票が行なわれた結果、全会一致とはならず却下されたことが分かった。

Edoardo Mortara, Mahindra Racing, Nyck de Vries, Mahindra Racing

 5月にダブルヘッダーで行なわれるフォーミュラEベルリンePrixに向け、日程が重なるWEC(世界耐久選手権)と掛け持ちしているドライバーのベルリンePrixレース2からの出場を許可するかどうかの投票が行なわれた。その結果、全会一致とはならず、却下されたことが分かった。

 5月11~12日にかけて開催予定となっているフォーミュラEのベルリンePrixは、WECスパ6時間レースとの日程が重複している。両カテゴリーを掛け持ちしているドライバーが複数おり、彼らはこのレースのどちらかに出場するかを選ぶことになった。

 ただスパ6時間レースは11日に決勝が行なわれる。そのため、WECに参戦したドライバーも、12日のベルリンePrixレース2には参加できる可能性があったのだ。

 FIAのレギュレーションでは、ベルリンePrixは2戦で1イベント扱いとなっていることから、11チームの全会一致の賛成がなければ、2レース間でドライバーを入れ替えることができない状態になっていた。

 今季、フォーミュラEとWECの両方に参戦するドライバーは、エンヴィジョン・レーシングのセバスチャン・ブエミとロビン・フラインス、DSペンスキーのジャン-エリック・ベルニュとストフェル・バンドーン、マヒンドラのニック・デ・フリーズとエドアルド・モルタラ、そしてアプト・クプラのニコ・ミュラーの計7人となっている。

 そのうちベルニュ、バンドーン、モルタラはフォーミュラEを優先し、4人がWECを優先すると見られていた。そしてWECを優先した4人が12日のベルリンePrixレース2に出場するために、11チームの承認を求めていたのだ。

 この問題に関して、16日までフォーミュラEの各チームが電子投票で意思表示を行なった。そしてその結果、全会一致とはならず、却下されたことがわかった。

 motorsport.comの調べでは、少なくとも1チームがこの提案を拒否していたことが分かっている。

 この投票結果によって影響を受けるチームは、ベルリンePrixでどのリザーブドライバーを起用するかについて、まだ正式に明らかにしていない。

 

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 サム・バード、マクラーレンでのフォーミュラE初優勝に感慨もひとしお「本当に特別な気分だ」
次の記事 日産フォーミュラE、2戦連続表彰台獲得で母国戦東京ePrixへ「日本のファンの前で今回同様の活躍を」日産勢マクラーレンも1勝

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本