ウェーレイン、FE開幕戦欠場の舞台裏。メルセデスとの契約問題解決できず

シェア
コメント
ウェーレイン、FE開幕戦欠場の舞台裏。メルセデスとの契約問題解決できず
執筆: Alex Kalinauckas
2018/12/21 9:14

フォーミュラEのシーズン5開幕戦に出られなかったウェーレインは、メルセデスとの契約を早期終了するために必要な”条件”をクリアすることができなかったことが、その原因のようだ。

 マヒンドラからフォーミュラEに参戦する予定のパスカル・ウェーレインは、メルセデスの育成契約を早期終了するために必要な条件を満たすことができず、シーズン5の開幕戦ディルイーヤePrixを欠場することになったようだ。

 メルセデスの育成ドライバーとして、マノーやザウバーでF1を戦った経験のあるウェーレインは、2018年はかつて参戦していたDTMに復帰。しかしメルセデスは2018年限りでDTMから撤退するうえ、当分はF1シートにも空きが生まれない状況にあった。

 メーカーとの繋がりがウェーレインの選択肢が狭まることを避けるため、双方の合意の下、2018年限りでウェーレインのメルセデス育成ドライバー契約を解除することが決定された。

 そしてその後、ウェーレインはマヒンドラからフォーミュラEシーズン5に参戦することに。その発表は10月にバレンシアで行われたプレシーズンテスト開幕前夜に行われ、ウェーレインはそのままテストに3日間参加した。

 しかし、ウェーレインとメルセデスの契約は2018年いっぱいまで続くため、12月15日(土)に開催されたシーズン5の開幕戦ディルイーヤePrixにウェーレインが参加することができず。その代役は、シーズン4までチームに在籍していたフェリックス・ローゼンクヴィストが務めた。

 DTMではメルセデスの代表を務め、フォーミュラEではシーズン5から参戦するHWAのチーム代表となっているウルリッヒ・フリッツは、ウェーレインの状況について訊かれると、次のようにmotorsport.comに答えた。

「我々はバスカルの邪魔するつもりは全くなかった。それがバレンシアでのプレシーズンテストを許可した理由だ」

「しかし我々は常に、彼を現在の契約から解放するためには特定の条件を満たす必要があるとも伝えていた」

「交渉も行ったが、最終的に我々は結論を出すには至らなかった。その詳細を明かすつもりはない。内輪の恥を晒す必要はないからだ」

「一方で、それが彼の邪魔をしたかったからではないことは保証できる。話し合いはパスカルとしただけであって、マヒンドラとは関係ない」

「だからこそ、我々はテストを許可した。しかしすぐに彼がドライバーとして発表されて、我々は驚いたのだ。事前に知らされていたことではなかった」

「しかしそれは単にお互いの考え違いであって、誰かを責めるつもりはない。ただそういう状況になってしまっただけだ」

 motorsport.comは、マヒンドラのチーム監督であるディルバー・ギルにウェーレインとメルセデスの契約問題について訊いたが、彼はノーコメントだった。

 最終的にはフォーミュラEデビューを選んだウェーレインだが、HWAからフォーミュラEに長期参戦しないかと打診された際、F1への復帰を第一に考え、HWAと半日の走行テストを実施した上でこれを断っている。

 HWAはメルセデスAMGの子会社であり、ウェーレインにとってDTMで2015年にチャンピオンを獲得した際に所属していた馴染みのあるチームでもある。

 シーズン6からフォーミュラEにワークス参戦するメルセデスにとっては、ヴェンチュリのカスタマーチームとしてシーズン5から参戦するHWAが、先遣隊のような役割を果たしている。

 フリッツは、現在の状況はHWAのオファーを断った件とも全く関係がないと強調した。

「正直に言って、夏にはそういう話し合いもあった」

「私は、パスカルが(フォーミュラE参戦に)乗り気じゃないと感じた。だから我々にとって、それはかなり初期の段階で終わった話なのだ」

「私が本当に強調したいのは、故意に彼を冷遇したり、彼のキャリアを傷つけたりするつもりはなかったということだ。彼はその時点で、フォーミュラEをやるつもりはなかったのだ」

「その時の彼の決断は理解している。インターネットで記事を読んだ限りは、その時に他のオファーを受け取っていたわけでもないようだ」

「話し合いはしたし、ヴェンチュリの第1世代マシンでテストしたところ、パフォーマンスにも問題はなかったが、それ以上は進展しなかった」

「このような状況は、マヒンドラとは何も関係がない」

次の記事
FE、”アタックモード”の効果に満足も、さらなる出力アップの可能性あり

前の記事

FE、”アタックモード”の効果に満足も、さらなる出力アップの可能性あり

次の記事

アタックモードは、フォーミュラEが”必要としていた”混乱を生み出した?

アタックモードは、フォーミュラEが”必要としていた”混乱を生み出した?
Load comments

この記事について

シリーズ フォーミュラE
ドライバー パスカル ウェーレイン
チーム HWA AG
執筆者 Alex Kalinauckas