F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
FP3 まで
05 時間
:
01
:
42
MotoGP
24 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
スーパーGT
16 7月
イベントは終了しました
06 8月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました

「本物のドライバーが乗ったマリオカート」メルセデスF1代表のFE評

シェア
コメント
「本物のドライバーが乗ったマリオカート」メルセデスF1代表のFE評
執筆:
2019/12/14 8:46

メルセデスF1のチーム代表であるトト・ウルフは、フォーミュラEはマリオカートを本物のドライバーが乗っているようだと話した。

 フォーミュラEのシーズン6が11月末に開幕。今季から新たにメルセデスがワークス体制(ストフェル・バンドーン、ニック・デ・フリーズ)で参戦を開始し、開幕戦ディルイーヤePrixレース1でバンドーンがいきなり3位表彰台を獲得。さらにレース2では他車のペナルティもあり再び3位。幸先の良いスタートとなった。

 このレースには、メルセデスF1のチーム代表であり、同社のモータースポーツ部門のトップでもあるトト・ウルフが帯同しており、その戦いぶりを見守っていた。

 メルセデスは2017年を最後にDTM(ドイツツーリングカー選手権)から撤退。これはF1とFEに集中するためだ。それ以降、ウルフは何度かFEの会場を訪れている。

 そしてディルイーヤePrixについて、彼は「期待以上の結果」だと語った。

「本当に楽しい経験だったと言える」と、ウルフはフォーミュラEについて語った。

「私はサウジアラビアには行ったことがなかったんだが、メルセデスのフォーミュラEを始める旅はとても特別なものだったよ」

「観衆は驚くほどのもので、この国がどれ程開かれているかを目にできた……それは私が予想していなかったモノだ」

「そして、レースはF1とはとても異なるモノだった。明確にそうと言える。私としては“本物のドライバーの乗ったマリオカート”のようなものだった。だが、チャンスを与えることは絶対に良いことだ」

「ニックは既にチームのパフォーマンスに対して非常に貢献している。彼は非常に成熟していて、レーシングドライバーとしてバンドーンと共にチームに参加することを目にするのは、とても素晴らしいことだった」

「我々は現実的な目標や野心を定めていた。だが既に期待以上の成果を挙げており、両ドライバーがこの結果に貢献しているんだ」

 そして、メルセデス・フォーミュラEのチーム代表であるイアン・ジェームスは、デビューレースで表彰台を獲得することなどは予想していなかったと語った。

「本当に正直に言って、何を期待すべきか全く分からなかったんだ」と、ジェームスはmotorsport.comに対して語った。

「シーズンが始まる数日前は、我々にとって厳しいものだった。なぜなら知らないということは、大変なことだからだ」

「だが今では、我々は少なくとも強く、競争力のあるパッケージを手にしていると分かっている」

Read Also:

フォーミュラE、2020年スタートのシーズン7からFIAの世界選手権に

前の記事

フォーミュラE、2020年スタートのシーズン7からFIAの世界選手権に

次の記事

ピットストップで急速充電! ”未来のクルマ”第3世代フォーミュラEの入札開始

ピットストップで急速充電! ”未来のクルマ”第3世代フォーミュラEの入札開始
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ フォーミュラE
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Alex Kalinauckas