ザウバー前チーム代表カルテンボーン、共同オーナーとしてF4チーム設立

ザウバーの前チーム代表であるモニシャ・カルテンボーンが、F4チームを立ち上げたことが発表された。

 昨年6月にザウバーのチーム代表を辞任したモニシャ・カルテンボーンが、F4チームを立ち上げたことが発表された。

 このチームはKDCレーシングという名称で、スイスのライセンスを受け、カタルニア・サーキット近くのスペイン・グラノーラスに本拠地を構え、F4のドイツ選手権とイタリア選手権を戦うという。

 KDCレーシングは、カルテンボーンとフランス&モナコの女性実業家であるエミリー・ディ・コンベルティが半分ずつ出資したベンチャー企業であり、KDCの”K"はカルテンボーンの頭文字である”K"である。なお、コンベルディの息子アーロンは、昨年イギリスF3選手権を戦っていたドライバーである。

 カルテンボーンは、オートビルド・モータースポーツに、次のように語った。

「モータースポーツは、私にとって大きな情熱でした」

「私は、モータースポーツで責任者としてのポジションを20年近く務めてきました。ですから、この仕事を続けるのは、論理的なことなのです。そして、共同オーナーとして、チームの戦略に大きな影響を与えることができるでしょう。私の主な責務は、才能ある若いドライバーたちに、将来のレースキャリアのための準備をさせることにあります。それには、私の長年にわたるF1での経験が役に立つことでしょう」

「F4はまだまだ新しく、エキサイティングなシリーズです。しかし、多くの可能性を秘めていると思います。特に若いドライバーを育てるという意味では。そのうちの何人かは、最高のドライバーになることでしょう」

「私の意見では、F4はチャンピオンになる素質があるかどうかを見られるシリーズだと思います」

 KDCレーシングのドライバーは今のところ未定であるが、チーム曰く「まもなく発表される」という。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Formula 4
記事タイプ 速報ニュース