F1
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
Race 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

ザウバー前チーム代表カルテンボーン、共同オーナーとしてF4チーム設立

シェア
コメント
ザウバー前チーム代表カルテンボーン、共同オーナーとしてF4チーム設立
2018/02/17 3:41

ザウバーの前チーム代表であるモニシャ・カルテンボーンが、F4チームを立ち上げたことが発表された。

KDC Racing F4
KDC Racing logo
Monisha Kaltenborn, Sauber Team Principal
Monisha Kaltenborn, Team Principal and CEO, Sauber
Monisha Kaltenborn, Team Principal and CEO, Sauber, Masashi Yamamoto, General Manager of Honda Motorsports

 昨年6月にザウバーのチーム代表を辞任したモニシャ・カルテンボーンが、F4チームを立ち上げたことが発表された。

 このチームはKDCレーシングという名称で、スイスのライセンスを受け、カタルニア・サーキット近くのスペイン・グラノーラスに本拠地を構え、F4のドイツ選手権とイタリア選手権を戦うという。

 KDCレーシングは、カルテンボーンとフランス&モナコの女性実業家であるエミリー・ディ・コンベルティが半分ずつ出資したベンチャー企業であり、KDCの”K"はカルテンボーンの頭文字である”K"である。なお、コンベルディの息子アーロンは、昨年イギリスF3選手権を戦っていたドライバーである。

 カルテンボーンは、オートビルド・モータースポーツに、次のように語った。

「モータースポーツは、私にとって大きな情熱でした」

「私は、モータースポーツで責任者としてのポジションを20年近く務めてきました。ですから、この仕事を続けるのは、論理的なことなのです。そして、共同オーナーとして、チームの戦略に大きな影響を与えることができるでしょう。私の主な責務は、才能ある若いドライバーたちに、将来のレースキャリアのための準備をさせることにあります。それには、私の長年にわたるF1での経験が役に立つことでしょう」

「F4はまだまだ新しく、エキサイティングなシリーズです。しかし、多くの可能性を秘めていると思います。特に若いドライバーを育てるという意味では。そのうちの何人かは、最高のドライバーになることでしょう」

「私の意見では、F4はチャンピオンになる素質があるかどうかを見られるシリーズだと思います」

 KDCレーシングのドライバーは今のところ未定であるが、チーム曰く「まもなく発表される」という。

次の記事
ルノーアカデミーの女性ドライバー、わずか1年でプログラム離脱に

前の記事

ルノーアカデミーの女性ドライバー、わずか1年でプログラム離脱に

次の記事

シャルル・ルクレールの弟、アーサーがザウバー・ジュニアチームに加入

シャルル・ルクレールの弟、アーサーがザウバー・ジュニアチームに加入
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Formula 4