F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
00 時間
:
57
:
19
MotoGP
R
スペインGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
42 days
R
フランスGP
14 5月
-
17 5月
次のセッションまで……
56 days
スーパーGT
10 4月
-
12 4月
次のセッションまで……
22 days
03 5月
-
04 5月
次のセッションまで……
45 days
スーパーフォーミュラ
04 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
16 days
18 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
30 days

小学生から楽しめる電動カート、お台場メガウェブで本日よりオープン

シェア
コメント
小学生から楽しめる電動カート、お台場メガウェブで本日よりオープン
2017/09/20 7:18

MEGA WEBは、小学生から楽しめる電動カート『e-kart ride』を本日よりオープンした。

『e-kart ride』シートベルト装着時
『e-kart ride』カート場
『e-kart ride』
『e-kart ride』

 東京・お台場のZepp東京の近くにあるメガウェブ「ライド スタジオ」はこれまで一時休館となっていたが、本日(9月20日)よりリニューアルオープン。新しいアトラクションである『e-kart ride(イーカートライド)』がその1階に新設された。

 内容は屋外に設置された全長160m、6コーナーのカート場を電動レンタルカートで走行できるというもので、都心で気軽にカートに触れる機会を提供し、走ることに興味を持つ子どもたちやクルマファンを増やすことを目的としている。

 使用されるカートは世界でトップシェアを争うフランスのSODIKART社製。最高速度は約40km/hほどであるが『e-kart ride』で体験できるのは最高約22km/hだ。高いハンドリング性能と安全性、耐久性が大きな特徴であり、頭を守るためのロールバーや4点式シートなどの装備品が整った本格仕様。車両の仕様上、小学生以上かつ身長120~170cmであれば乗車することが可能である。

 オープンの前日、TGRドライバーの中嶋一貴、小林可夢偉、石浦宏明、大嶋和樹が『e-kart ride』を体験。1周あたり160mのコースでプロドライバー同士のバトルをみせた。走行後、ドライバーたちは「プロが乗っても楽しめるレベル」と語った。

 走行する際には、インストラクターによってカートのスピードを徐々に上げていくため、まずは低速でカートの感覚を掴むことが可能だ。これは電動カートならではの強みだろう。通常のスピードならばシケインセクションでのテクニカルなハンドリングを楽しむことができる。どんなにアクセルを踏んでも、最高速度がコントロールされていることで安全性は高く、走行中も驚くほど静かであるのが特徴的だ。

 また「ライド スタジオ」には屋内で子どもたちが楽しめるクルマCamatte、PIUSなどもあり、こちらも合わせて家族で楽しめるのではないだろうか。

『e-kart ride』詳細は以下のとおりである。

▪️『e-kart ride』の詳細

期間:9月20日(水)よりオープン
場所:MEGA WEB ライド スタジオ 1階
受付時間:11:00〜18:15(当日受付)

料金:初心者講習(15分)300円/走行体験(15分)300円
乗車条件:小学生以上、かつ身長120cm〜170cmの方

※条件を満たしていても、シートに適切に座れない、ハンドル・ブレーキ・アクセル等の操作が正しくできない方は乗車不可能
※インストラクターによる日本語の説明が理解できる方のみ利用可能
※雨天時は内容が変更、または中止

【関連ニュース】

次の記事
トヨタのGRシリーズ始動。"永続的なモータースポーツ活動"を目指す

前の記事

トヨタのGRシリーズ始動。"永続的なモータースポーツ活動"を目指す

次の記事

トヨタ新ブランド「GR」が掲げる"スポーツカーへのこだわり"とは

トヨタ新ブランド「GR」が掲げる"スポーツカーへのこだわり"とは
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ General