【スーパーGT】平手晃平、新車に自信「LC500は”スーパーウエポン”」

鈴鹿モータースポーツファン感謝デーに、GT500クラスのドライバーが登場。昨年王者の平手晃平は、新車LC500に大きな自信を抱いている。

 鈴鹿サーキットで行われているモータースポーツファン感謝デー。その一環として、スーパーGTのドライバートークショー、そして今季仕様マシンのデモ走行が行われた。このデモランは、今季からレギュレーションが変わるGT500クラスの3メーカーのマシンが一堂に会するということもあり、注目を集めた。

 デモ走行に先立って行われたトークショーでは、昨年のチャンピオンである平手晃平(LEXUS TEAM SARD)が、今シーズンに向けての自信を高らかに宣言した。

スーパーGTデモラン
スーパーGTデモラン

Photo by: Motorsport.com

 「LC500はすごいウエポンですよ!」

 平手はそうさらりと言う。このひと言だけでも、その自信の高さを感じることができよう。

「(昨年の)RC Fが悪かったわけではないですが、悪い点がなくなるくらいものすごい進歩を遂げ、このLC500になってるんです」

「明日レースでも良いですよ!」

 確かに、現時点で聞こえてくる評価としては、レクサスの新型マシンLC500が、一歩抜きん出ているという感がある。

 ホンダNSX-GTを駆る山本尚貴(TEAM KUNIMITSU)は「全部速いんですよね?」と半ば呆れたように尋ねた。

「開幕前にこれだけ『速い!』って言えるなんて、なかなかないですよ」

 そう語る山本は、自らのマシンについて、次のように語る。

「もっとやりたいことはありますし、もっと改善しなきゃいけないところもあります。開幕までには時間はそんなにないですけど、ホンダのみんなと頑張って開発は進めています」

 一方、ニッサンGT-R NISMO GT500をドライブする安田裕信(TEAM IMPUL)は「開幕までには……」と今後に期待を込めて語った。

「他のチームとはまだ比べていないので分からないですけど、自分たちにできることはやっています。開幕までには、ちゃんとタイムが出ると思います」

 なおこの日、鈴鹿サーキットは今年限りで”夏の風物詩”とも言える『鈴鹿1000km』の開催を今季限りで止め、このコンセプトをベースとしGT300クラスやFIA-GT3規格のマシンなどを対象とした新レース『鈴鹿10時間耐久レース』を2018年から行うと発表した。鈴鹿でのスーパーGTのレースは、日程や距離などを変更して存続させる方向で検討中だというが、伝統の1000kmレースは見納めとなる。

「今年最後だって、さっき聞いたばかりなんですが……」と平手は語る。

「俄然やる気が出てきました。僕は地元が愛知県なんで、鈴鹿は地元みたいなもの。良い結果を出せるように頑張りたいですね」

 山本は鈴鹿1000kmがスーパーGT初優勝だった。そのため、この夏のレースにかける想いは大きい。

「GTの初優勝は1000kmでしたから……最後勝ちたいですね!」

 また安田も「ここの表彰台は(雰囲気が)違いますから、最後って言われると勝ちたいですよね。気持ちが違います」

 安田の新チームメイトであるヤン・マーデンボローは、今季からGT500クラスに昇格する。鈴鹿の印象を尋ねられたマーデンボローは「最初は奇妙な感じだった」と語った。

「鈴鹿は世界一のサーキットのひとつだ。初めてレースを走る前、僕はゲームで鈴鹿をたくさん走っていた。でも実際に走ってみると、ゲームとは全然違う世界だった。奇妙な感じがしたよ。コーナリングスピードも速いし、ひとつのミスが命取りとなる。一番好きなコーナーは、130Rだ。スーパーナイスだね!」

「鈴鹿1000kmは、去年GT300クラスで走った。すごく長いレースだけど、今年も楽しみにしている」

【関連ニュース】

【鈴鹿ファン感】星野一義”ホンダRC”初走行。念願ついに叶う!

鈴鹿1000kmは今年で最後。来年からは『鈴鹿10時間耐久』として再出発

【スーパーGT】2017年スーパーGTエントリーリスト発表。全45台が出走

【スーパーGT】日産体制発表「どのチームでもチャンピオンを狙える」

【スーパーGT】坂東代表”ツーリングカー世界王者決定戦”実現を熱望

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ General , スーパーGT
イベント名 2017モータースポーツファン感謝デー
サーキット 鈴鹿サーキット
記事タイプ 速報ニュース