WEC技術を市販車へ! トヨタ、次世代のスポーツコンセプトを発表

トヨタは東京オートサロン2018で「GRスーパースポーツコンセプト」とその「テストカー」を世界初公開した。

 1月12日(金)、トヨタのモータースポーツ事業を担うTOYOTA GAZOO Racingは、千葉・幕張メッセで行われた“TOKYO AUTO SALON2018”で、GRスーパースポーツコンセプトを世界初公開した。

 トヨタはモータースポーツ活動で培われた技術のフィードバックの一つの形としてWECへの参戦活動が生かされたコンセプトカー、「GRスーパースポーツコンセプト」とその「テストカー」を展示した。

「GRスーパースポーツコンセプト」は、世界耐久選手権(WEC)に参戦しているトヨタTS050HYBRIDとほぼ同じ主要パーツで構成されており、V6ツインターボチャージャーエンジンとトヨタハイブリッドシステム・レーシング(THS-R)を搭載。パワーユニットは高効率のEVシステムと希薄燃焼エンジンの組み合わせにより、ハイパワーと環境性能の両立を目指している。なお、これが実際に形となり、販売されるのはまだ先のことであるという。

 TOYOTA GAZOO Racingのメディアカンファレンスに登壇したTOYOTA GAZOO Racing Companyのプレジデントである友山茂樹氏は、先月富士スピードウェイにてトヨタTS050HYBRIDを試走したエピソードとともに「GRスーパースポーツコンセプト」について語った。

「初めてTS050に乗った感想を一言で言うと、"異次元のパワーとスタビリティがもたらす未体験の楽しさ"でした。乗車前は緊張によって顔がこわばっていたのですが、走行中は思わず笑いがこみ上げてくるほど、魅力的な体験でした。このTS050の楽しさを魅力を可能な限りダイレクトに伝え、そして扱いやすいものにするために、テストカーを走らせつつ開発を進めています」

「かねてより、TOYOTA GAZOO Racingはモータースポーツから培ったノウハウをいかに市販車に落とし込むかということを行ってきています。これは"市販車をレベルアップしてスポーツカーを作るのではなく、現役のレーシングカーからスポーツカーを作る"という、トヨタにとっては全く新しい挑戦です」

「GRスーパースポーツコンセプトは、eパレット・コンセプト(2018年コンシューマー・エレクトロニクス・ショーで発表されたトヨタのモビリティーコンセプト)が次世代の幌馬車とするならば、全く対照的な、自分の愛馬とも言える、パーソナルで魅惑的な次世代の競走馬であると思います。ただし、この二つのコンセプトモデルは、恐らくは最先端のIT技術を駆使した、安全で環境に優しい、コネクティッドカーになるであろうと言えます」

「この先、クルマの電動化やIT化が加速しても、この両極のモデルの中間も含め、いろいろな形があり、クルマは決してコモディティー化しないと私は思います。そして、"自分の意志で自由に移動したい、どこまでも遠くに、誰よりも早く、美しく移動したい"という人間の欲求は不変的なものであり、それを実現してくれるクルマに対する人々の感情は豊かで心ときめくものがあります」

「次の100年も、クルマを徹底的に面白くするという、TOYOTA GAZOO Racingの挑戦は、まだ始まったばかりですが、お客様の笑顔のために自動車産業の未来のために心ときめくクルマづくりに拘り続けていきたいと思います」

フォトギャラリー:トヨタ・GRスーパースポーツコンセプト

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ General
イベント名 TOKYO AUTO SALON2018
記事タイプ 速報ニュース