トヨタ17年MS参戦体制発表。豊田社長「一緒に勝ちましょう!」と宣言

TOYOTA GAZOO Racingが2017プレスカンファレンスを行い、同社の2017年モータースポーツ参戦体制を発表。豊田章男社長も意気込みを語った。

 TOYOTA GAZOO Racingが2017プレスカンファレンスを行い、同社の2017年モータースポーツ参戦体制を発表した。

 今年からWRC(世界ラリー選手権)に復帰し、その初戦を終えたばかりということもあり、会場には多くの報道陣が詰めかけた。

 冒頭で挨拶に立ったトヨタ自動車の嵯峨宏英専務は2016年シーズンを振り返り「国内で4つのチャンピオンを獲得し、NASCARでマニュファクチャラータイトルを獲得できた」と、その成果を強調する一方で、ニュルブルクリンク24時間とル・マン24時間での敗戦を振り返り「悔しさから多くを学んだ1年でもあった」と語った。

 特にル・マンについては「残り3分というところでクルマが止まってしまった。なんで勝たせてくれないんだ!」と、その当時は思っていたという。しかしその後、まだ欠けていることがあるということ、また勝てなかったことにより、「本当の意味でのル・マンの一員になった」と感じられたようだ。そして、同社の豊田章男社長が常日頃言うように、「トヨタは”負け嫌い”であり、今年こそ雪辱を果たす」と誓った。

 その後、先日復帰初戦が終わったばかりのWRCトークセッションが行われ、チーム代表のトミ・マキネンとエースドライバーのヤリ-マティ・ラトバラがステージに上がった。モンテカルロ・ラリーの様子を振り返った。

 このセッションには、サプライズで豊田社長が登場した。マキネンとラトバラは大いに驚いていた。しかし最後には3人が「トヨタは負け嫌い! 一緒に勝ちましょう」と声をそろえた(トークセッションの詳細は、後ほど掲載予定)。

 WRCのトークセッションの後には、各カテゴリーの参戦ラインアップが発表。WEC(世界耐久選手権)では2台目のマシンにWTCC王者のホセ・マリア・ロペスが乗ることが正式に発表されるとともに、ル・マンでの雪辱を目指し、スパとル・マンの2レースには、3台目のマシンを走らせることも明かされた。

 スーパーGTでは伊藤大輔が一線を退き、トムス36号車の監督を務めることになった。その空いたシートには、中嶋一貴が収まり、スーパーGT復帰を果たすこととなった。ただ、第2戦富士ラウンドはWECと日程が被るため、伊藤がドライバーを務める。

 また、この日のカンファレンスには登場しなかったが、平川亮がRed Bullアスリートとなり、さらに37号車にレッドブルのサポートが加わることもトムスから発表されている。

 スーパーフォーミュラはラインアップが大幅に変更。昨年と同じなのはP.MU / CERUMO · INGINGとVANTELIN TEAM TOM’Sの2チームのみで、KONDO RACINGはアンドレア・カルダレッリとジェームス・ロシターに代わってニック・キャシディと山下健太という若々しいラインアップに、ル・マンは一人が未定なものの大嶋和也の加入が明らかにされている。さらにKCMGには昨年末のテストで同チームのマシンをドライブした小林可夢偉が加入。ITOCHU ENEX TEAM IMPULはジョアオ・パオロ・デ・オリベイラが抜け、ヤン・マーデンボローが加わった。

 今後の注目は、WECのスパとル・マンで走る3台目のTS050に乗るラインアップがどうなるかという点、そしてスーパーフォーミュラのTeam LeMans 7号車に誰が加入するのかといった点だろう。

【関連ニュース】

TOYOTA GAZOO RACING 2017年モータースポーツ参戦体制発表

【デイトナ24H】レクサスRC F GT3を走らせた3GTチーム代表に訊く

【WRC】ラトバラ「トヨタは意欲が高く、モナコで完璧な仕事をした」

【WRC】豊田社長「車作りの為の“トヨタの新たな旅”がついに始まる」

【ル・マン】中嶋一貴「勝つまでやりましょう!」と雪辱を誓う

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ General , スーパーGT , WRC , WEC , スーパーフォーミュラ
記事タイプ 速報ニュース