ペトロナス、F1で求められる効率性を持った市販車用オイルを発表

ペトロナスは、F1レース現場でその技術が開発された低粘度市販車用モーターオイル、ペトロナス・シンティアムを発表した。

 1月12日(金)、ペトロナス・ルブリカンツ・インターナショナル(以下、ペトロナス)は、“TOKYO AUTO SALON2018”でエンジン加熱を抑えることを目的した低粘度市販車用モーターオイル、ペトロナス・シンティアム7000 0W16 クールテックを発表した。

 2017年F1は新しいレギュレーションが導入されたことでダウンフォース値が高くなり、マシンの空気抵抗が増したため、パワーユニットの出力向上が求められた。さらにシーズンを通し、サーキットごとに調整することができていたオイルの配合のパターンも制限されたことにより、チームの選択肢は狭められた。

 メルセデスF1チームのパートナーシップを組むペトロナスは、2017年に供給するための新たなオイルを開発。そのオイルはメルセデスが2017年F1タイトルを獲得するのに大きな役割を果たしたとペトロナスは自負している。

 今回発表されたペトロナス・シンティアム7000 0W16 クールテックは、メルセデスとともにレース現場で実際にテストが行われおり、レースの開発の場で培われたぺトロナス独自の技術、"クールテック技術"の採用によって誕生した。

 ペトロナスはその技術を用いることで市販車の燃費効率を高め、世界的な需要とCO2排出量の削減に対応するように設計したという。

 ペトロナスのプロジェクト担当&テクノロジー部門長であり、F1の現場でもサポートを行なっているというエリック・ホルトゥーゼンは、次のように語った。

「全ての自動車エンジンで過熱が発生しており、渋滞や急な傾斜、連続的な加速などの条件で状況は悪化します。例えば高速道路上で頻繁に高温にさらされることで、オイルの酸化や油膜が発生するのです。それらは潤滑油がエンジン内部を循環する能力を制限し、重要なエンジン部分から熱を吸収することを妨げるといったような悪影響を与えます。また時間が経つとエンジンを損傷させ、駆動性能に影響を与え、燃費が低下する可能性が高まります」

「しかし、熱伝導能力を備えたペトロナス・シンティアムはクールテック技術を採用しているため、最適なエンジン性能と最高の燃費を実現し、エンジンの温度を安定させることができます」

「高回転型エンジンを使用するレーシングカーと快適性を重視する市販車とでは、一見使用されるオイルの違いがあるように感じられるかもしれませんが、目指すところは同じなのです」

「どちらも効率を高めるというところに目標が置かれています。レースの場合はハイスピードを出すために効率化し、市販車の場合は燃費を上げるというところにその効率を生かしています。両者の目的が違うだけで効率を上げるというところに違いはありません。ペトロナス・シンティアム7000 0W16 クールテックは特に燃費を上げるというところに重点を置いたオイルなのです」

 ペトロナスは2018年をイヤー・オブ・テクノロジーと位置づけ、技術革新における重要な年としている。今年3月には開発投資を倍増させイタリア・トリノにグローバルR&Dセンターを開設する予定だという。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ General
記事タイプ 速報ニュース