ホンダCIVIC特別展2月5日(日)まで。最終日に特別トークショー開催

開催中の特別展『CIVIC Racing History 〜FF最速ツーリングカーの系譜〜』は2月5日まで。最終日にはスペシャルトークイベント開催

 ホンダのウエルカムプラザ青山では、現在特別展『CIVIC Racing History 〜FF最速ツーリングカーの系譜〜』が開催中である。

 この企画展には、1970年代〜1990年代のレーシングシーンを彩った様々なシビックが展示。”レーシングシビック”の系譜を辿ることができるようになっている。展示されているのはYAMATO CIVIC(1984年)、無限MOTULシビック(1987年)、出光MOTION無限シビック(1990年)、JACCS-CIVIC(1993年)、Castrol無限CIVIC(1995年)の5台。ファン垂涎のラインアップとなっている。

 このイベントは2月5日(日)が最終日である。この最終日の14時から、1993年の全日本ツーリングカー選手権・クラス3でJACCS-CIVICを駆って4勝を挙げ、シリーズチャンピオンに輝いた服部尚貴と、今季世界ツーリングカー選手権(WTCC)にフル参戦し最新の”レーシングシビック”を駆る道上龍(Honda Racing Team J.A.S.)が登場するスペシャルトークイベントを開催。CIVICのレーシングスピリットをテーマに、かつてのツーリングカーレースの様子を振り返りつつ、まもなく始まる新シーズンへ向けた展望を語る。

 このトークイベントはピエール北川が司会を務める。観覧席は先着自由席となっているが、来場者多数の場合は立ち見となる。

 会場は「青山一丁目」駅下車すぐの、ホンダウエルカムプラザ青山(http://www.honda.co.jp/welcome-plaza/contents/access/)である。

【関連ニュース】

【WTCC】道上龍フル参戦決定! ホンダ、2017年参戦体制を発表

【WTCC】2017年WTCCカレンダー発表。モンツァとマカオがカレンダーに復帰

【WTCC】2019年からClass One規則導入を検討中か?

3年振り現役復帰。道上龍は「ケンカレース」と言われるWTCCをどう闘ったのか?

WTCCスポット参戦の道上「日本人ドライバーのWTCCへの道を作りたい」

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ General
イベント名 特別展示「CIVIC Racing History ~FF最速ツーリングカーの系譜~」
記事タイプ 速報ニュース