富士スピードウェイ、東京オリンピックの自転車競技会場に正式承認

富士スピードウェイが、2020年に行われる東京オリンピックの際の自転車競技会場に正式承認されたことが発表された。

 2020年に行われる東京オリンピック。その自転車競技の会場として、富士スピードウェイが承認されたことが明らかとなった。

 富士スピードウェイは、東京オリンピックの自転車競技・ロードレースのゴール会場及び個人タイムトライアルの会場として活用されることになる。これは、2月3日に韓国・平昌で開催された国際オリンピック委員会の理事会で、承認されたものである。

 今回の承認を受け、富士スピードウェイの原口英二郎社長は、次のようにコメントを発表している。

「このたび、日本を象徴する富士山の麓にある富士スピードウェイが、東京2020オリンピックで行われる、自転車競技のロードレースゴール会場と、個人タイムトライアル 会場として正式決定したことを受けて、大変光栄なことであると同時に、責任の重さを 感じております」

「今後、関係機関の皆様、地域の皆様、 また自転車競技ファンの皆様と共に、 安全・快適なオリンピックが開催できるよう、準備を進めてまいります」

 開催概要などは、今後東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会などと協議されるという。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ General
記事タイプ 速報ニュース