日産、カルロス・ゴーンの社長退任を発表。後任は西川廣人共同CEO

シェア
コメント
日産、カルロス・ゴーンの社長退任を発表。後任は西川廣人共同CEO
2017/02/23 1:04

日産は、カルロス・ゴーン社長の退任を発表。4月1日付けで新たに西川廣人が社長兼最高経営責任者(CEO)に就任すると明らかにした。

 日産は23日、プレスリリースを発表し、カルロス・ゴーン社長の退任を発表した。ゴーン氏は日産の社長を退いた後も取締役会長を務め、ルノーのCEOを務めながらアライアンス(ルノー・日産・三菱の3社)の拡大と経営に集中するという。

 今回の発表に際しゴーン社長は、次のようにコメントを寄せている。

「この18年間育ててきた日産のマネジメント層には、同社の事業および戦略的な目標を達成する上で求められる能力と経験があると信じています」

「先に三菱自動車の取締役会長に就任したこと、そして次の日産の定時株主総会の開催を控えていることから、今こそ、西川廣人氏に日産のCEO職を引き継ぐのに適切な時期であると判断しました。私は引き続き日産の取締役会長として、またルノー・日産・三菱自動車のアライアンスの枠組みの中で、監督・指導を行っていきます」

「この変更により、私はアライアンスの戦略面および事業上の進化により多くの時間と労力をかけ、パートナー各社に、アライアンスの持つ規模による競争優位性をいかんなく享受させることができます。今後も、アライアンスの進化・拡大をサポートし、時・場所を問わず、必要とされるときはいつでもパートナー各社の役に立てるよう、サポートしていくことを固くお約束します」

 後任は現在共同CEOを務める西川廣人が務めることも、この日発表された。西川氏は1977年に日産に入社し、1999年以降数々の上級職を務めてきた。

 西川次期社長は、次のように語っている。

「この新たな責務を任せてくれたゴーン会長と日産の取締役会に感謝しています。 ゴーン会長の下、日産の優秀な経営陣と協力し、日産が今後も継続的に好業績をあげ、発展し、そしてアライアンスの成功に貢献していくべく、力を尽くしていきます」

【関連ニュース】

【スーパーGT】日産陣営「全員の力を合わせてベースアップを目指す」

【スーパーGT etc】日産/ニスモが2017年モータースポーツ活動を発表

【F1】ルノー新型PU、日産との技術提携で第2世代ERSが搭載予定

【NISMOフェス】ニスモ片桐社長「まずはGT500のタイトル奪還が目標」

【NISMOフェス】快晴の富士スピードウェイで、ニスモフェス開幕

次の General ニュース
【鈴鹿ファン感】星野一義「夢実現」Honda RC166デモラン決定

前の記事

【鈴鹿ファン感】星野一義「夢実現」Honda RC166デモラン決定

次の記事

横浜ゴム、2017年のモータースポーツ活動計画を発表

横浜ゴム、2017年のモータースポーツ活動計画を発表
Load comments

この記事について

シリーズ General
記事タイプ 速報ニュース