本番さながら! 鈴鹿ファン感謝デーで"8耐トワイライトデモラン”実施

3月10・11日に鈴鹿サーキットで開催されるモータースポーツファン感謝デーで、鈴鹿8耐トワイライトデモランが実施される。

 3月10日・11日に鈴鹿サーキットで開催される『2018 モータースポーツファン感謝デー』で、”鈴鹿8耐トワイライトデモラン”が実施される。

 2017年に40回の記念大会を迎えた”コカ・コーラ 鈴鹿8時間耐久ロードレース”。鈴鹿の夏の風物詩とも言えるこのイベントで活躍したトップライダーたちが、モータースポーツファン感謝デーに登場し、本番さながらの”夕闇”の中で走行を行うという。また、走行後にはこれまた8耐恒例となっている花火も打ち上げられるというから必見だ。

 トワイライトデモランはイベント両日、国際レーシングコースの東コースで行われる。渡辺一馬(Kawasaki Team GREEN)、加賀山就臣、浦本修充(共にTEAM KAGAYAMA )、 津田拓也(ヨシムラスズキMOTUL RACING)の出演が決定済みだ。その他出演ライダーや開催時間は、決定次第公式ウェブサイトで発表される。

 イベントに無料で入場できる特別招待券のダウンロードやその他の開催イベントなど、詳しくは鈴鹿サーキットのモータースポーツファン感謝デーの特設ページ(http://www.suzukacircuit.jp/msfan_s/)でチェックしてほしい。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ General
記事タイプ 速報ニュース