鈴鹿ファン感にMotoGP日本人初優勝&鈴鹿8耐5勝の宇川徹が登場

鈴鹿サーキットモータースポーツファン感謝デーに、MotoGP日本人初優勝、鈴鹿8耐5勝の宇川徹が登場することが決まった。

 3月4日(土)と5日(日)に鈴鹿サーキットで行われる「2017モータースポーツファン感謝デー」に、MotoGPクラスで日本人初優勝を果たした宇川徹が登場することが決まった。

 宇川は、2002年のMotoGP南アフリカGPで優勝。これは日本人として初のMotoGP最高峰クラスでの勝利となった。その他、鈴鹿8耐も5回優勝するなど、輝かしい戦績を残している。

 その宇川が、鈴鹿モータースポーツファン感謝デーに登場し、2000年の鈴鹿8耐で勝利した際の愛車Honda VTR1000SPWでデモランを披露する。鈴鹿サーキットによれば、宇川が同地のイベントに登場するのは、10年ぶりだという。

 宇川は、4日に行われるシーズンキックオフパーティと、両日開催される「伝統の鈴鹿8耐 ドリームラン」及び「8耐レジェンズトークショー」に出演予定となっている。

 鈴鹿8耐は今年、40周年を迎える。これを記念して、モータースポーツファン感謝デーで行われるイベント「伝統の鈴鹿8耐 ドリームラン」は、非常に豪華なラインアップが登場することになっている。

伝統の鈴鹿8耐 ドリームラン
■日時:3月4日(土)13:45〜14:25、5日(日)14:40〜15:20
■場所:国際レーシングコース 東コース
■走行車両・ライダー:
Honda RVF/RC45(1995):宮城光
Honda RVF/RC45(1997):伊藤真一
Honda RVF/RC45(1999):玉田誠
Honda VTR1000SPW(2000):宇川徹
Honda CBR1000RRW(2004):清成龍一(MORIWAKI MOTUL RACING)Honda CBR1000RR:高橋巧(MuSASHi RT HARC-PRO.)、高橋裕紀(MORIWAKI MOTUL RACING)、アラン・ テシェ(F.C.C. TSR Honda)
Kawasaki ZX-10R:柳川明(Kawasaki Team GREEN)
SUZUKI GSX-R750(1986):辻本聡
SUZUKI GSX-R1000:津田拓也(YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING)、加賀山就臣(Team KAGAYAMA)
YAMAHA YZF-R1M:中須賀克行※4日(土)、野左根航汰※5日(日)、藤田拓哉

 またこの他、9年ぶりに鈴鹿8耐に復活するモリワキにフィーチャーした『モリワキ 歴史を切り拓く8耐への新たな挑戦』、Hondaの伝説的バイクのデモ走行『Hondaロードレースの源流』なども行われる。

モリワキ 歴史を切り拓く8耐への新たな挑戦
■日時:3月5日(日)10:35〜10:50
■場所:国際レーシングコース 東コース
■走行車両:HondaCBR1000RRモリワキ改

Hondaロードレースの源流

■日時:3月4日(土)15:15〜15:35、5日(日)10:50〜11:10
■場所:国際レーシングコース 東コース
■走行車両:RC142(1959)、RC164(1963)、RC166(1966)

鈴鹿サーキット「モータースポーツファン感謝デー」特設ページ→http://www.suzukacircuit.jp/msfan_s/

【関連ニュース】

【F1】鈴鹿ファン感にミカ・ハッキネン来場決定!

鈴鹿ファン感謝デー:中嶋一貴 vs 小林可夢偉! 夢の直接対決実現

鈴鹿サーキット:モータースポーツ感謝デー、アレジ親子の来場決定

鈴鹿ファン感謝デー:鈴木亜久里vs土屋圭市! 禁断のGT300対決実現

マッサ「とても残念…」”鈴鹿ファン感謝デー”出演をキャンセル

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ General
記事タイプ 速報ニュース