【鈴鹿ファン感】星野一義「夢実現」Honda RC166デモラン決定

3月4日と5日に開催される鈴鹿サーキットモータースポーツファン感謝デーで、星野一義がHonda RC166をデモランすることが決まった。

 3月4日と5日に鈴鹿サーキットで開催される「2017モータースポーツ感謝デー」。このイベントで星野一義がHonda RC166のデモランをすることになった。

 Honda RC166は、星野にとって憧れのマシンだった。しかし、これまでなかなか乗る機会がなく、今回のデモラン決定には、本人もいたく喜んでいるという。

「中学生の頃、北野さん(北野元)や国さん(高橋国光)がマン島や世界選手権で活躍する姿をオートバイ雑誌で毎日のように眺めていた。僕にとってHondaは憧れの存在だった。生まれて初めて買ったバイクもHondaのベンリィ。毎日のように河川敷で練習したよ。その後カワサキワークスに入ったのでHondaはライバルだったけど、いつか乗ってみたいと思ってた。子供の頃からの夢は半世紀以上、ずっと持ち続けていたね」

 そう星野はコメントを寄せている。

 今回のデモランは、Hondaの協力により実現。星野の憧れの存在である北野元がRC164、高橋国光はRC142を駆り、共に走行するという。

「今回、僕の夢を叶えてくれたHondaや北野さん、国さん、そしてこのデモランに賛同してくれた日産の心意気に心から感謝します。本当にありがとう」

「当日は家族も呼んで、僕がRC166で走る姿を見てもらおうと思ってる。だって、子供の頃からの夢が叶う瞬間だからね」

 コメントを読むだけでも、星野の喜びが伝わってくるようだ。

 星野の「半世紀を越える夢が実現」するRC166のデモ走行は、3月4日(土)の15時15分〜15時35分、3月5日(日)の10時50分〜11時20分の2回行われる『Hondaロードレースの源流』の中で行われる。

 走行を終えた後の、星野の声、そして表情にご注目いただきたい。

■RC166(星野一義搭乗マシン)
1964年イタリアGPでデビューした世界初の250cc/6気筒マシン(RC165)の発展型で1966年のマン島(イギリスGP)より参戦を開始し た。 この年、マイク・ヘイルウッドのライディングにより、RC166の前モデル(3RC165)の8勝と合わせ11戦10勝と言う圧倒的な強さで250ccクラスを制覇し、グランプリ5クラス制覇の一翼を担った。

■RC164(北野元搭乗マシン)
1963年シリーズ終盤にRC163の発展型として投入されたトランジスタ点火を採用した250cc/4気筒マシン。この年、ライバルメーカーの台頭もあり、鈴鹿で行われた日本初のグランプリレース(シリーズ最終戦)はシリーズポイント同点と言う接戦の中で迎えたが、見事優勝を果たしHondaにとって同クラス3年連続となるタイトルをもたらした。

■RC142(高橋国光搭乗マシン)
1959年、Hondaの夢であったマン島TTレース(イギリスGP)に初参戦する為に開発された125cc/2気筒マシン。決勝レースでは初参戦にもかかわらず6位入賞を含め7位/8位/11位の結果を残しメーカーチーム賞を獲得した。グランプリレース参戦58年を経て通算700勝以上を記録したHondaが世界挑戦の第一歩を踏み出した記念すべきマシン。

鈴鹿サーキット「2017年モータースポーツファン感謝デー」特設ページはこちら→http://www.suzukacircuit.jp/msfan_s/

【関連ニュース】

鈴鹿ファン感にMotoGP日本人初優勝&鈴鹿8耐5勝の宇川徹が登場

【F1】鈴鹿ファン感にミカ・ハッキネン来場決定!

鈴鹿ファン感謝デー:中嶋一貴 vs 小林可夢偉! 夢の直接対決実現 

【スーパーGT】鈴鹿ファン感で新型GT500の3車種のデモ走行決定

鈴鹿サーキット:モータースポーツ感謝デー、アレジ親子の来場決定

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ General , スーパーGT , スーパーフォーミュラ
記事タイプ 速報ニュース