開業20周年のツインリンクもてぎ、歴史振り返るホンダマシン特別展示

今年で開業20周年を迎えるツインリンクもてぎは、20年の歴史を振り返る6台のHondaマシンをホンダコレクションホールで特別展示する。

 ツインリンクもてぎは開業20周年となる今年、『開業20周年特別展示 〜次なる未来へ〜』と題して、20年の歴史を振り返る特別展示を行うことがわかった。

 開業当初からの歴史をまとめたパネルとともに、もてぎで開催されたMotoGP、インディカー、トライアル世界選手権で活躍した5台のマシンと、もてぎ開業当初に導入された入門クラスのフォーミュラマシン1台の計6台のHondaマシンを展示する。

 展示は3月18日(土曜)から始まり、12月31日(日曜)までもてぎのホンダコレクションホール1階に展示される。

 またコレクションホールの2階と3階では、『ツインリンクもてぎ20周年記念展示 Racing History of Last 20 Years【Part1】レースシーン1997-2001』と題して、時代を彩ったマシンの展示を行う。こちらは3月18日(土)から5月31日(水)までとなっている。なお、Part2(2002年〜2007年)は6月1日〜9月6日、Part3(2008〜2016)は9月7日〜12月11日までの予定。

 どちらの展示イベントも、ツインリンクもてぎの入場料と駐車料金のみで楽しむことができるという。

『開業20周年特別展示 〜次なる未来へ〜』展示車両

●Dallara IR3 Honda(2004年)
 INDY JAPAN 優勝車両
 ドライバー:ダン・ウェルドン

●RC211V(2003年)
 MotoGP パシフィックGP2位
 ライダー:バレンティーノ・ロッシ

●RS250RW(2005年)
 MotoGP 日本GP 250ccクラス2位
 ライダー:ダニ・ペドロサ

●COTA 315R(2002年)
 トライアル 日本グランプリ優勝
 ライダー:ドギー・ランプキン

●COTA 315R(2004年)
 トライアル 日本グランプリ優勝
 ライダー:藤波貴久

●Honda サイド・バイ・サイド(1998年)
 入門クラスのフォーミュラマシン

詳しくはホンダコレクションホールのWEBサイト(http://www.twinring.jp/collection-hall/)まで。

【関連ニュース】

ツインリンクもてぎ20周年記念、レースシーンを振り返る展示会開催

【インディカー】開幕戦:佐藤琢磨「移籍初戦は素晴らしい結果」

鈴鹿1000kmは今年で最後。来年からは『鈴鹿10時間耐久』として再出発

【鈴鹿ファン感】星野一義”ホンダRC”初走行。念願ついに叶う!

【鈴鹿ファン感】アレジ&ゴクミの息子ジュリアーノ、親子対決を制す

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ General
記事タイプ 速報ニュース