F1
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
FP3 まで
18 時間
:
25
:
37
MotoGP
02 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
22 8月
次のセッションまで……
7 days
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました

童夢の代表取締役交代。松村晃行氏が新たに就任

シェア
コメント
童夢の代表取締役交代。松村晃行氏が新たに就任
2020/07/22 10:04

株式会社童夢は、7月15日付けで代表取締役が交代したことを発表。松村晃行氏が、新たに同職に就任したことが分かった。

 株式会社童夢は7月15日付で、松村晃行が新たな代表取締役に就任したことを発表した。また同日付で、2015年以来代表取締役を努めてきた髙橋拓也が退任することも、併せて明らかにされた。

 新たに代表取締役に就任した松村は、オートバックスセブンの取締役などを歴任。同社在籍時には、ARTAの活動にも長く携わり、2006〜2006年には童夢と共にスーパーGTとフォーミュラ・ニッポンに参戦している。

「童夢零の発表以来、童夢は日本屈指のレーシングカー・コンストラクターおよびカロッツェリアとして歩んできました」

 松村は代表取締役就任に際し、そうコメントを寄せた。

「また米原の本社ファクトリーを筆頭に、童夢アドバンスド・カーボン・ラボラトリー、風流舎といったレーシングカーの製造や、自動車の先行開発をする上で欠かすことのできない設備を活用し、技術と人材を培ってきました。そうした伝統や良さを引継ぎつつ、さらに世の中の役に立つ幅広い技術の研究開発に努め、童夢でしかできないこと、童夢だからできることを追求して参ります」

 童夢は今年からスタートする予定のフォーミュラ・リージョナル選手権用のマシンを手がけるなど、活動の場を広げている。そして今後も、次なるステップへ挑戦していくと、松村新代表取締役は語った。

「今年からスタートするフォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップ用マシンF111/3をはじめ、FIA F4用マシンF110の製造、サポートといった、これまで築いてきた事業の土台をしっかりと固めたうえで、次なるステップへと挑戦していきます」

Read Also:

”23回目”予定だった今年のNISMO Festivalが開催見送り。関係者の健康・安全を考慮

前の記事

”23回目”予定だった今年のNISMO Festivalが開催見送り。関係者の健康・安全を考慮

次の記事

体温チェックもこれで楽しく! 鈴鹿サーキットに「検温ピットストップ」エリアが新登場

体温チェックもこれで楽しく! 鈴鹿サーキットに「検温ピットストップ」エリアが新登場
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ General