元F3000&GTドライバー山本勝巳が23年ぶりにレース参戦!「最初は『怖い!』と思ったけど楽しめた」

かつて日本のレース界のトップシーンで活躍した山本勝巳が、オートポリスで23年ぶりとなる4輪レース参戦を果たした。

元F3000&GTドライバー山本勝巳が23年ぶりにレース参戦!「最初は『怖い!』と思ったけど楽しめた」

 7月11日、オートポリスで開催された「KYUSHU Magical ENDURANCE GAME(マジ耐)」には懐かしいドライバーの名前があった。「山本勝巳」。

 1995年から97年まで全日本F3000〜フォーミュラ・ニッポンを戦い、全日本GT選手権(現スーパーGT)には1997年と98年に無限×童夢PROJECTからホンダNSXで参戦した。しかし98年第5戦もてぎでGT500のシートを失うと、同年最終戦SUGOではGT300クラスのレーシングプロジェクトバンドウからスポット参戦して3位表彰台を獲得した。しかし翌年以降は一度もレースに参戦していなかった。

ときにはバトルも見せた山本。久しぶりのレースを満喫したようだ

ときにはバトルも見せた山本。久しぶりのレースを満喫したようだ

Photo by: 皆越 和也

 今回のレース参戦について「ランナップスポーツの(田中篤)社長に誘われました。これまでカートレースに参戦することはありましたが、四輪のレースは本当にGTのセリカ以来、23年ぶりです。久しぶりのレーシングカーは最初『怖い!』って思いましたよ」と山本は屈託ない笑顔を見せた。現在は太宰府市に住み福岡の会社で「サラリーマンとして働いている」と言う。

 山本は今年で48歳になるが、23年ぶりのレースはどうだったのだろうか? 

山本のヘルメットは真っ白。レースに誘ったランナップスポーツの田中代表とタイムをチェック

山本のヘルメットは真っ白。レースに誘ったランナップスポーツの田中代表とタイムをチェック

Photo by: 皆越 和也

「レースでは55分間、20周以上は走ったのですが、50歳近いしもちろんブランクが長いのでなかなか昔の感覚を取り戻すのは難しいですね。(チームのベストタイムから)3〜4秒落ちですし。今回は目を吊り上げて走るようなイベントではないし、運転をとても楽しめました。また今後も気軽なレースに出るチャンスがあればぜひ参加したいと思います」と充実したような笑顔を見せた。

 

Read Also:

シェア
コメント
スーパーGT&スーパー耐久の予行演習になる? オートポリスの“お祭りレース”にプロドライバーが多数参戦
前の記事

スーパーGT&スーパー耐久の予行演習になる? オートポリスの“お祭りレース”にプロドライバーが多数参戦

次の記事

日本初の常設サーキット『多摩川スピードウェイ』跡地の観客席が取り壊しの危機。保全団体は治水事業との“両立”望む

日本初の常設サーキット『多摩川スピードウェイ』跡地の観客席が取り壊しの危機。保全団体は治水事業との“両立”望む
コメントを読み込む