F1
25 9月
FP1 まで
06 時間
:
19
:
34
MotoGP
18 9月
イベントは終了しました
25 9月
イベント 進行中 . . .
スーパーGT
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
7 days
スーパーフォーミュラ
26 9月
次のセッションまで……
22 時間
:
19
:
34

スーパーGTラストランを終えたバトン、ファンに感謝伝える「最高の2年間だった」

シェア
コメント
スーパーGTラストランを終えたバトン、ファンに感謝伝える「最高の2年間だった」

2019年限りでのスーパーGT離脱を表明しているジェンソン・バトンは、ホンダサンクスデーの会場にてファンに改めて感謝の気持ちを伝えた。

 11月10日(日)にツインリンクもてぎで行われた『Honda Racing THANKS DAY 2019』。その中ではスーパーGTマシンによるエキシビションレース『SUPER GT Honda Grand Prix』が行われた。2019年限りでのスーパーGT離脱を発表しているジェンソン・バトン(#1 RAYBRIG NSX-GT)にとっては、今回がひとまずのスーパーGTラストランとなった。

 今回のエキシビションレースは、開発車両の99号車を含めた計6台のNSX-GTによって競われた。99号車はインディカーシリーズで活躍中の佐藤琢磨と現役F1ドライバーのダニール・クビアトという、サンクスデーならではの特別コンビとなった。

 全7周のレースがスタートすると、1号車を駆る山本尚貴は1周でピットイン。今回で見納めとなるバトンの走りをファンに少しでも見せようという気遣いからか、残る大半の周回をバトンに託した。

 山本からマシンを託されたバトンは快走を見せ、17号車KEIHINに次ぐ2位でフィニッシュした。彼はその後マシンを降りると、日本のファンに向けての感謝の言葉を口にした。

「とにかくファンの皆さん、そしてホンダに感謝したい。ここにいる彼(山本)とチームクニミツで過ごした2年間は素晴らしいものだった」

「今回のレースはとても楽しかったよ。そしてスーパーGTでの2年間は最高だった。みんなありがとう!」

Read Also:

時速300キロも100キロと大差なし? 中上貴晶、MotoGPライダーの感覚語る

前の記事

時速300キロも100キロと大差なし? 中上貴晶、MotoGPライダーの感覚語る

次の記事

”6輪F1”ティレルP34が鈴鹿を走行。サウンド・オブ・エンジンが開催

”6輪F1”ティレルP34が鈴鹿を走行。サウンド・オブ・エンジンが開催
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ General
イベント Honda Racing Thanks Day 2019
サブイベント Honda Racing Thanks Day 2019
ドライバー ジェンソン バトン