井原慶子、日産自動車の独立社外取締役就任へ

シェア
コメント
井原慶子、日産自動車の独立社外取締役就任へ
2018/04/20 9:05

レーシングドライバーの井原慶子が取締役に就任することを、日産自動車が発表した。

 日産自動車は4月20日(金)、井原慶子氏と豊田正和氏を、新たな取締役として選任すると発表した。

 ふたりは6月末に開催予定の定時株主総会での承認を経て、正式に独立社外取締役に就任することになる。

 井原は1998年にF1ベネトンイメージガールを務めた後、レーシングドライバーに転身。イギリスF3に出走するなど着実にステップアップし、2014年にWEC(世界耐久選手権)で2度にわたって表彰台を獲得。女性として世界最高位、そして世界初の快挙を達成した。また、同年のアジアン・ル・マン・シリーズでも総合優勝を果たしている。

 現在はFIAのアジア代表委員やソフト99コーポレーションの社外取締役を務める傍ら、大学での教鞭をとるなど幅広く活躍すると共に、各レースにも積極的に参戦している。

次の General ニュース
鈴鹿レーシングスクール入校式開催。45人の若者が夢への一歩踏み出す

前の記事

鈴鹿レーシングスクール入校式開催。45人の若者が夢への一歩踏み出す

次の記事

スマートニュースに「motorsport.comチャンネル」が新登場

スマートニュースに「motorsport.comチャンネル」が新登場
Load comments

この記事について

シリーズ General
ドライバー Keiko Ihara
記事タイプ 速報ニュース