クリステンセン「シューマッハーを倒した時は、いつでも僕の誇り」

シェア
コメント
クリステンセン「シューマッハーを倒した時は、いつでも僕の誇り」
2019/01/20 6:02

メキシコで行われているレース・オブ・チャンピオンズ。国別対抗”ネイションズカップ”で優勝したのは、クリステンセンとクリストファーソン組のチーム・北欧だった。

 メキシコ・シティで行われている2019年のレース・オブ・チャンピオンズ。国別対抗戦”ネイションズ・カップ”を制したのは、トム・クリステンセンとヨハン・クリストファーソン組のチーム・北欧だった。

 チーム・北欧は、2014年以来2回目のネイションズカップ制覇となった(2014年はクリステンセンとペター・ソルベルグのコンビ)。なおクリステンセンはチーム・スカンジナビアとして出場した2005年も含め、3度目のネイションズカップ制覇である。

「セバスチャンとの戦いを見ていただいただろう。それは非常に厳しい戦いだった。それから、ミックはヨハンと素晴らしい戦いをした。彼はレース・オブ・チャンピオンズの初出場を、誇りに思うべきだろう。そして私は、シューマッハーを倒した時をいつでも誇りに思っている」

 クリステンセンはそうROCの公式サイトにコメントを寄せた。

「チーム・北欧をふたりで勝利に導いたことについて、とても誇りに思っている。ヨハンが決勝に導いてくれた。彼が素晴らしい形で1日スタートさせ、そして私が良い形で1日を終わらせた。最終的にそれがうまくいったのだ」

 クリストファーソンも、ネイションズカップ優勝に際し、次のようにコメントを寄せた。

「レース・オブ・チャンピオンズは厳しいイベントだ」

 そうクリストファーソンは語った。

「我々は、途中でいくつかの重要な勝利を収めた。そしてトムが最も大きなトロフィーを持ち帰ってくれた。メキシコは初めて来たが、ここにやって来ることができ、そして世界で最高のドライバーの何人かと共にこのイベントに参加できたことを喜んでいる」

「今夜は長い夜になるだろう。でも、僕らはトロフィーをひとつ手にしているから、明日の個人戦は少しリラックスして臨むことができるだろう」

 レース・オブ・チャンピオンは引き続きイベント2日目が行われ、個人戦が行われる。クリステンセンはこれまで15回レース・オブ・チャンピオンズに参加しているものの、個人戦優勝はゼロ。悲願の初制覇を目指すことになる。

次の記事
ベッテル、ROC国別対抗準優勝「ミハエルと出場した時のことを覚えている」

前の記事

ベッテル、ROC国別対抗準優勝「ミハエルと出場した時のことを覚えている」

次の記事

ガスリー、念願のROC出場。レッドブルとの交渉の末、参加に許可

ガスリー、念願のROC出場。レッドブルとの交渉の末、参加に許可
Load comments

この記事について

シリーズ General
イベント Race of Champions