夢のビッグイベント誕生。鈴鹿で『モースポフェス』が3月2日・3日に開催

シェア
コメント
夢のビッグイベント誕生。鈴鹿で『モースポフェス』が3月2日・3日に開催
執筆: 松本 和己
2018/11/10 5:06

2019年3月2日(土)・3日(日)に、トヨタとホンダ、モビリティランドの3社共催イベント『モースポフェス2019 SUZUKA〜モータースポーツファン感謝デー〜』が開催されることが発表された。

 株式会社モビリティランドは、2019年3月2日(土)・3日(日)に鈴鹿サーキットで『モースポフェス2019 SUZUKA〜モータースポーツファン感謝デー〜』を開催することを発表。トヨタとホンダ、モビリティランドの3社共催という形になり、日本モータースポーツ史上最大のキックオフイベントになることが目指されている。

「モースポフェス」は、メーカーの垣根を越えてさまざまなモータースポーツの魅力を伝えるとともに、クルマを運転する楽しさやクルマへの憧れ・夢を育むイベントとして、2017年にHSR九州(熊本県菊池郡)で初開催された。今回は、国際的な2輪・4輪レースを開催する鈴鹿サーキットを舞台に、TOYOTA GAZOO Racingとホンダそれぞれの世界選手権をはじめとする国内外のカテゴリーで活躍するマシンやドライバー、ライダーが出演。モータースポーツファンの方はもちろん、これまでレースやラリーを観戦したことのない学生やファミリー向けにも、モータースポーツの迫力や魅力が体感できるコンテンツを提供するとしている。

 鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドの山下晋社長は、イベントを両日入場無料で開催すると語り、日本モータースポーツ史上最大のキックオフイベントにしたいと意気込んだ。

「近年日本のモータースポーツは、間違いなく波が起きてきていると感じます。しかしファンの盛り上がりはまだまだ十分ではないと認識しています」

「その中でトヨタさんとホンダさんから、力を合わせて日本のモータースポーツを盛り上げるイベントをやらないかというお話をいただきました。一瞬『え、共催!?』とびっくりしましたが、諸手を挙げて賛成させていただきました。日本のモータースポーツのキックオフイベントとして、史上最大のイベントを実現したいと思います。トヨタさんやホンダさんに留まらず、他のメーカーにもお声がけする中で、日本のモータースポーツがさらに盛り上がっていく流れになる2日間にしたいと思います」

「今決まっているのは、来年は鈴鹿サーキットで開催するということだけ。3社共催でスタートしますが、他のメーカーにも参加いただけるような体制を可能な限り速やかに実現したいと思っています」

 イベントの内容はこれから決まり次第順次発表されていくという。イベントが開催される2日間、鈴鹿で見たことのないような競演が見られるのは間違いなさそうだ。

次の記事
”日本人の強さ”を持った、国際人を育てたい……新生SRSを支える中野信治に訊く

前の記事

”日本人の強さ”を持った、国際人を育てたい……新生SRSを支える中野信治に訊く

次の記事

往年のマシンが集結! 鈴鹿サウンド・オブ・エンジン:フォトギャラリー

往年のマシンが集結! 鈴鹿サウンド・オブ・エンジン:フォトギャラリー
Load comments

この記事について

シリーズ F1 , IndyCar , General , スーパーGT , WRC , WEC , スーパーフォーミュラ
執筆者 松本 和己
記事タイプ 速報ニュース