1000馬力超え……! スバル/STI、電動コンセプトマシン『E-RA concept』を初公開|東京オートサロン2022

スバル・テクニカ・インターナショナル(STI)は、東京オートサロン2022にて電動コンセプトマシン『E-RA concept』を公開した。

1000馬力超え……! スバル/STI、電動コンセプトマシン『E-RA concept』を初公開|東京オートサロン2022

 2021年1月14日(金)から幕張メッセにて開催されている東京オートサロン2022にて、スバル・テクニカ・インターナショナル(STI)は、電動コンセプトマシン『E-RA concept』を世界初公開した。

 E-RA conceptは、世界的な電動化の波を受けSTIが研究・開発を進める2ドアクーペGTカーをベースとしたモータースポーツEVマシンだ。

 4つのモーターを搭載し、スバルの”十八番”であるAWDトルクベクタリングで計1000馬力を超えるパワーを制御する。現時点ではE-RA conceptが参戦できる具体的なカテゴリーはないものの、ニュルブルクリンク北コース6分40秒で走るマシンを目指しているという。

 STIの平岡泰雄社長は、「モーターになっても『スバルらしい』と言われる電気自動車に仕上げていきたい」とオンライン会見を通じて語った。

 
Read Also:
STI E-RA CONCEPT
STI E-RA CONCEPT
1/3

写真:: Motorsport.com / Japan

STI E-RA CONCEPT
STI E-RA CONCEPT
2/3

写真:: Motorsport.com / Japan

STI E-RA CONCEPT
STI E-RA CONCEPT
3/3

写真:: Motorsport.com / Japan

シェア
コメント
【スーパーGT】aprがGT300新車両『GR86 GT』を発表。apr30号車と新規参戦SHADE RACINGに投入
前の記事

【スーパーGT】aprがGT300新車両『GR86 GT』を発表。apr30号車と新規参戦SHADE RACINGに投入

次の記事

【スーパーGT】『GR86 GT』は素材の味を活かしたクルマ? apr金曽代表が語る新車両のコンセプト

【スーパーGT】『GR86 GT』は素材の味を活かしたクルマ? apr金曽代表が語る新車両のコンセプト
コメントを読み込む