F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
56 days
スーパーフォーミュラ
04 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
72 days
18 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
86 days

フォルクスワーゲン、”内燃機関”へのファクトリー体制を終了。電気自動車注力

シェア
コメント
フォルクスワーゲン、”内燃機関”へのファクトリー体制を終了。電気自動車注力
2019/11/24 0:29

フォルクスワーゲンは2019年をもって内燃機関(エンジン)を使用したマシンによるファクトリー支援を終了。電動レーシングカーへ重点を移す決定を下した。

 “100年に1度”とも形容される自動車業界が迎えている変革は、モータースポーツの世界にも影響を及ぼしている。自動車業界の巨人フォルクスワーゲンは、モータースポーツ戦略を電動モビリティに集中させることを決定した。

 フォルクスワーゲンは2019年をもって内燃機関(エンジン)を使用したマシンによるファクトリー支援を終了させ、電気レーシングカーへ重点を置く決定を下した。そしてMEB(=モジュラー エレクトリックドライブツールキット)が、将来のモータースポーツプラットフォームとなる。

 フォルクスワーゲンは電動レーシングカー『ID.R』を開発。ニュルブルクリンク北コースでの新記録樹立や、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムなどにも参戦し、新記録を樹立してきた。

「パイオニアとしてのID.Rに加えて、プラットフォームであるMEBは将来モータースポーツプログラムにおける2番目の柱となるだろう」

 フォルクスワーゲンのモータースポーツディレクターであるスヴェン・スミーツはそう説明している。

「電動モビリティが大きな可能性を秘めている。この点でモータースポーツはその開拓者になり得るのだ。一方で将来の量産車開発のための“走る実験室”として、そして人々をより電動モビリティに興味を抱かせる、説得力あるプラットフォームとしてのサービスも提供する」

「それが我々がこれまでよりも電気自動車のファクトリー支援に注力する理由だ。そして我々はMEBの開発と共に、活動を拡大し続ける。クルマの未来に関する革新的技術こそ、我々の目指す場所だ」

 そして、フォルクスワーゲンモータースポーツのカスタマーサポートプログラムも電化されることになる。

 レース向けのゴルフGTI TCRは2019年限りで生産を終了。後継車は提供されなくなる予定だ。なおカスタマーサービスとスペアパーツの供給については長期的に保証される見込みだ。

 またラリー用のポロGTI R5はフォルクスワーゲンモータースポーツに無くてはならない部分であり、カスタマーチーム向けに生産が継続される。そしてカスタマーサポートやスペアパーツの供給、そのパフォーマンスには責任を負うが、ファクトリー体制でのエントリーは行なわない予定だ。

Read Also:

次の記事
【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン】T.ブーツェン現役さながらの激走を披露

前の記事

【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン】T.ブーツェン現役さながらの激走を披露

次の記事

日産GT-R NISMO、“こだわり”のレゴ化! 最高速は“あなた”次第?

日産GT-R NISMO、“こだわり”のレゴ化! 最高速は“あなた”次第?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ General