アロンソの個人的な依頼がきっかけで誕生? アストンマーティン、38台限定生産の『ヴァリアント』発表

アストンマーティンは、38台限定生産のスペシャルマシン『ヴァリアント』が、F1ドライバーであるフェルナンド・アロンソの個人的な依頼がきっかけで誕生したマシンだと明かした。

Aston Martin Valiant_01

Aston Martin Valiant

写真:: Aston Martin

 アストンマーティンは、公道仕様でありながらトラック走行を強く意識した38台限定生産のスペシャル・エディション『ヴァリアント』(Valiant)を発表した。

 この車は、アストンマーティンが創立110周年を記念する1台として2023年8月に発表したヴァラー(Valour)をベースとし、アストンマーティンのビスポーク・サービス(特注生産部門)であるQ by Aston Martinが生み出した。

 そして、アストンマーティンのF1ドライバーであるフェルナンド・アロンソの「軽量で過激さを増した、レーシングカーの要素を取り入れたヴァラーが欲しい」という個人的な希望が盛り込まれた1台となっているという。

 アロンソはアストンマーティンのプレスリリースに次のようにコメントしている。

「ヴァラーは、アストンマーティンの110周年を華々しく祝うものであると同時に僕を奮い立たせ、サーキットを重視しながらもオンロードでもスリリングなドライビングが楽しめるような、レーシングカーにインスパイアされたより過激なバージョンを作りたいと思わせてくれた」

「ヴァリアントは限界走行に対する僕の情熱から生まれたもので、デザインと技術仕様の両方の観点でQ by Aston Martinチームと密接に協力しながら、楽しむようにして協同した。傑作が誕生したと確信している」

 ヴァリアントは745PSの5.2リッターV12ツインターボエンジンをフロントに搭載。オールカーボンファイバー製ボディワーク、3Dプリント技術を活用して軽量化を実現。本格的なサーキット走行を想定して軽量化やシャシー調整など数々のユニークな技術がちりばめられているという。

 中でも、マルチマチック社製アダプティブ・スプール・バルブ(ASV)ダンパーを装着したことで、それぞれのダンパーを瞬時かつ同時に調整できるシステムにより、モータースポーツ級のダンピング制御およびオペレーション制御を実現しているという。

Aston Martin Valiant

Aston Martin Valiant

Photo by: Aston Martin

 2014年にフェラーリのチーム代表としてアロンソと共にF1を戦い、現在はアストンマーティンのグローバル・チーフ・ブランド&コマーシャル・オフィサーを務めるマルコ・マティアッチは「ヴァリアントは現代の傑作だ」と語った。

「レースの伝統にインスピレーションを得て、Q by Aston MartinがF1に刺激を受けた最新技術、異色な素材、徹底的な軽量化を駆使して生み出した」

「他では得られない、強烈で感動的なドライビングの実現に焦点を絞った。パフォーマンス、トラック走行重視のダイナミクス、ハイパーカーの激烈さを究極まで融合したヴァリアントは、真のドライバーのために希少で並外れた車両を製作することに対するアストンマーティンの確固たる献身を体現している」

 アロンソは最近、アストンマーティンと新たな契約を結び、2025年以降もF1を戦うことが決まったが、その契約の中にはアロンソが”生涯プロジェクト”と表現するトラック外での役割も含まれていた。

 ヴァリアントのデリバリーは2024年第4四半期に開始されるが、7月11日~14日に行なわれるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて一般公開される。ヴァリアント最初のオーナーであるアロンソの手で、デモ走行も予定されている。

 

前の記事 【プロvs素人】フォーミュラカー、ムズ過ぎんだろ……! 編集部員が1周30秒弱のコースで伊藤大輔に大敗した【オンボード比較】
次の記事 2024年のグッドウッドで大量のF1マシンが走行へ。ホンダはF1参戦60年、レッドブルはチーム創設20年を祝う

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本