DAZNサービス開始2周年。F1 ZONEにライブトラッカーが追加。村田&トーレスもPR

シェア
コメント
DAZNサービス開始2周年。F1 ZONEにライブトラッカーが追加。村田&トーレスもPR
執筆: 田中健一
2018/09/06 8:53

F1全セッションを生配信するDAZNが、サービススタートから2周年を迎え、東京都内でプレスカンファレンスを行った。

 スポーツチャンネルDAZNが、サービス開始から2周年を迎え、それを記念するプレスカンファレンスが、9月6日(木)に都内で行われた。

 DAZNは2年前に日本など数カ国でサービスをスタート。最近ではイタリアでもサービスが始まり、アメリカでも近々配信がスタートするという。

 日本でも9月8日(土)からは、音楽配信サービスSpotifyとのパートナーシップがスタート。月額1750円で、DAZNとSpotify両方のサービスを楽しむことができるという。また今年は、サッカーのUEFAチャンピオンズリーグやボクシング村田諒太vsロブ・ブラントのWBA世界ミドル級タイトルマッチを独占配信する予定だ。

 なお既にDAZNプリペイドカードや、データ通信量を軽減する”データセーブ機能”、さらに見たいコンテンツの見逃しを防ぐ”リマインダー機能”なども導入済。DAZNを運営するパフォーム・ジャパンのマーティン・ジョーンズ氏は、今後もより使いやすくすることを宣言。特に安定した配信を確保するため、莫大な投資を行っていることを明かした。

 このDAZNのサービス開始2周年とタイミングをほぼ同じくして、F1決勝をマルチ画面で楽しめる”F1 ZONE”もアップデート。国際映像、オンボードカメラ、ライブタイミングに加え、ライブトラッカーの配信がスタートしている。F1決勝の楽しみ方が増すのは、間違いなさそうだ。

 この日のカンファレンスには、DAZNのアンバサダーであるボクシング村田諒太とサッカーのフェルナンド・トーレスが出席。DAZNの楽しみ方をPRした。

次の General ニュース
スマートニュースに「motorsport.comチャンネル」が新登場

前の記事

スマートニュースに「motorsport.comチャンネル」が新登場

Load comments

この記事について

シリーズ General
執筆者 田中健一
記事タイプ 速報ニュース