F1予想ゲーム『グランプリ・プレディクター』公開。世界のファンと対戦

Motorsport Networkのゲーム開発業者であるモータースポーツ・ゲーミングは、F1予想ゲーム『グランプリ・プレディクター』を公開した。

2017年4月11日:ニューヨーク

 Motorsport Networkのゲーム開発業者であるモータースポーツ・ゲーミングは本日、『グランプリ・プレディクター』のアップデート版のリリースにより、予想ゲームを発売したことを発表した。

『グランプリ・プレディクター』はブラウザー・ベースのファンタジー・リーグで、FIAフォーミュラ1世界選手権2017に基づいている。プレーヤーはレース結果を予想し、グローバル・リーグか友人とのプライベート・リーグにて競うことができる。参加者はグランプリごとに事前に発表された賞品を得ることができる。

  プレイ料金は無料で、プレーヤーはトップ10、ドライバーのゴール順、予選1位(ポールシッター)、ファステストラップ、どのドライバーが予選から最も順位を上げたか、等を予想する。プレーヤーは予想の的中度合いにより得たポイントを重ねることで、友人とのプライベート・リーグや世界中のF1ファンとのパブリック・リーグで競うことになる。

 オートスポーツ・メディアのマネージング・ディレクターであるティム・バリーは以下の様に述べている。「『グランプリ・プレディクター』は2011年に初めて制作され、のべ133,000人以上の参加者を魅了してきた。未だにこの手のファンタジー・ゲームで最大のものである」

  このゲームは独自のモジュラー・プラットフォームで開発されており、迅速なカスタマイズと展開を行うことによって、他のレース・シリーズにも対応することができる。また、Facebookなどと同様に、様々なスマート・デバイスにも対応している。

 モータースポーツ・ゲーミングのCEOであるマッテオ・パランボは、「『グランプリ・プレディクター』は、motorsport.comのプラットフォームの一部として、モータースポーツ・ゲーミングが開発した予想ゲームの今後の発展に向けた、重要な第一歩だ」と述べた。

 ゲームはhttp://appredictor.comでいつでも参加することが可能だ。すでにバーレーンGPの予想受付は開始されていて、プレーヤーは登録をすれば、バーレーンGPの予選開始10分前まで、いつでもレースを予想することができる。なお公開当初は、英語、フランス語、イタリア語、トルコ語での展開となっている。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ General
記事タイプ Motorsport.comニュース