【F1】ハッキネン「メルセデスが印象的、フェラーリもなかなかだ」

鈴鹿モータースポーツファン感謝デーに訪れたミカ・ハッキネンは、先日バルセロナで行われたテストを視察したという。

 1998年と1999年のF1ワールドチャンピオンであるミカ・ハッキネンが、鈴鹿サーキットで行われている『モータースポーツファン感謝デー』に登場した。

 ハッキネンは、3月2日までスペインのカタルニア・サーキット(バルセロナ)で行われていたF1の合同テストを訪れたという。

「僕は3日目にバルセロナに行ったんだ」

 ハッキネンはそう語る。

「今年は、メカニックもチームも、そしてドライバーもみんな笑顔なんだ。新しいマシンは、コーナーを全開でクリアできるからね」

「これまでは、ストレスが溜まるような走りを強いられていた。でも、今年はそうじゃない。期待してもらっていいと思うよ」

「ダウンフォースが増えた分、ストレートスピードは遅くなっている。しかし、コーナリングスピードは速くなっている。本当に、本当に速いよ。今年のF1は楽しめると思う」

 そのテストで印象に残ったマシンについて、ハッキネンは迷うことなくメルセデスの名前を挙げた。

「僕はコーナーで見ていたんだけど、メルセデスはとても印象的だった。ブレーキングも、コーナリングも、安定している。バランスに優れているんだろう」

 テストで好調だったフェラーリも、同列に見えたとハッキネンは評価している。

「フェラーリもなかなかのモノだったね。とにかく、メルセデスとフェラーリの2チームが、とても目立った。レッドブルはあと一歩という感じかな。とはいえ、まだまだ最初のテストだから、全開じゃない。注意が必要だと思うよ」

【関連ニュース】

【鈴鹿ファン感】アレジ&ゴクミの息子ジュリアーノ、親子対決を制す

【F1】ハッキネン「フェルスタッペンに対する批判は間違っていた」

【F1】ハミルトン「僕たちのマシンは他よりも1000倍優れている」

【F1】跳ね馬好調も油断しないライコネン「これまでが”楽観的”過ぎた」

【F1】ベッテル、新マシンに好感触「全く違う”獣”みたいだ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ General , F1
イベント名 2017モータースポーツファン感謝デー
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー Mika Hakkinen
記事タイプ 速報ニュース