ゲームで鍛えた腕は実車で通用するか? EスポーツF1王者がFフォード参戦

シェア
コメント
ゲームで鍛えた腕は実車で通用するか? EスポーツF1王者がFフォード参戦
執筆:
, Writer
2019/04/20 7:46

F1のEスポーツ王者のブレンドン・リーが、今週末にイギリスで行われるBRSCCナショナル・フォーミュラ・フォード1600選手権に参戦する。

 EスポーツのF1でメルセデスを駆り、チャンピオンに輝いたブレンドン・リーは、今週末にイギリスのスネッタートンで開幕するBRSCCナショナル・フォーミュラ・フォード1600に参戦することになる。彼はこの開幕戦の他、5月11日のオールトン・パークのレースでも、ケビン・ミルズ・レーシングのマシンを走らせる予定になっている。

 このシリーズは1600ccのフォード・ケント・エンジンを搭載した、最小限しか空力デバイスを取り付けていないマシンで戦われる。そしてリーが所属するケビン・ミルズ・レーシングは、昨シーズンはマイケル・イーストウェルを擁してランキング2位となったチームである。

 リーにとって今回のスネッタートンが、FF1600で最初のレースとなる。しかし彼は、デビューに備えて3日間のテストを完了している。

 チームの代表であるケビン・ミルズは、リーについて高評価を下している。

「彼はすぐに速く走った」

 ミルズ代表はそう語った。

「彼は他のドライバーたちと比べても、本当に違いはなかった。ラップタイムもかなり似たようなものだった。だから、彼はうまくいくだろう」

「私は、彼がどうレースを組み立てるのかは分からないし、他に20台のマシンが走っているのに慣れているところだった。しかし、我々のチームの他のドライバーと比較しても、非常に良い形だった」

 ミルズ代表曰く、リーに最初に会った時には、彼がEスポーツのチャンピオンであることを知らなかったという。

「彼は2ヵ月前にやってきて、テストをさせてくれるように頼んできた。私は、彼が誰であるかさえ知らなかった。息子は知っていたんだけどね。私は知らなかったんだ」

 そうミルズ代表は語った。

「彼はテストに参加し、そして非常にうまくやった。私はそれが一度限りだと思っていたんだが、彼は再び戻ってきて、さらに2日間テストを走った。そして、またとても良かったんだ」

次の記事
ブランパンGT運営のSRO、ノートルダム大聖堂火災に630万円寄付

前の記事

ブランパンGT運営のSRO、ノートルダム大聖堂火災に630万円寄付

次の記事

若き才能をこの目で……F1日本GPのサポートレース、FIA-F4特別戦の概要が明らかに

若き才能をこの目で……F1日本GPのサポートレース、FIA-F4特別戦の概要が明らかに
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ General
執筆者 Alasdair Lindsay
まずは最新ニュースを読む