F2王者のルクレール、今シーズンの新人賞を受賞:Autosport Awards

F2王者のシャルル・ルクレールは、『Autosport Awards 2017』リシャール・ミル・ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

 今季のF2チャンピオンであり、来シーズンからザウバーF1のレギュラードライバーとしてF1にフル参戦するシャルル・ルクレールは、『Autosport Awards 2017』リシャール・ミル・ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

 ルクレールは、今シーズンのF2で8度ポールポジションを獲得し、4レースでファステストラップ、通算7勝を記録した。そして10月上旬に開催されたF2第10戦ヘレス・レース1でポール・トゥ・ウインを果たし、年間タイトルを掴み取った。

 F2に参戦する傍ら、彼はザウバーから今季F1のフリー走行1回目に4度(マレーシアGPとアメリカGP、メキシコGP、ブラジルGP)参加している。そして彼は先週の土曜日、2018年のザウバーのレギュラードライバーとなることが発表された。

 この賞のプレゼンターはF1のCEOであるチェイス・キャリーだった。

「2017年を迎えた時、このようなシーズンを送るとは思ってもみなかった」とルクレール。

「F2は非常に競争力のあるシリーズだ。ピレリタイヤについて学ばなければならないため、ルーキーにとっては非常に難しい」

「厳しいルーキーシーズンだった。でも最後にF1への昇格が決まったことは本当に驚くべきことだ」

 なお、ルクレールの他の"新人賞"の候補者に今年5月にインディ500でインディカーデビューしたフェルナンド・アロンソがいた。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ General , FIA F2
ドライバー シャルル ルクレール
記事タイプ 速報ニュース