F1
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
2 days
スーパーGT
11 7月
-
12 7月
Canceled
R
17 7月
-
18 7月
Canceled
スーパーフォーミュラ
20 6月
-
21 6月
イベントは終了しました
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
45 days

FIA、新型コロナウイルス”危機対策部門”を設立「世界のモータースポーツを守る」

シェア
コメント
FIA、新型コロナウイルス”危機対策部門”を設立「世界のモータースポーツを守る」
執筆:
2020/03/07 3:36

FIAは、新型コロナウイルスがモータースポーツに与える影響を監視するために、危機対策部門を設置したことを明らかにした。

 新型コロナウイルスの感染が、世界中に広がっている。モータースポーツの世界にも影響が出ており、複数のレース/イベントの中止や延期が決まっている。

 四輪レースを統括するFIA(国際自動車連盟)は、これまでもウイルスの感染状況について注意深く監視していると語ってきた。そして1日ごとに問題を議論するための委員会を設立することになった。

 金曜日にFIA世界モータースポーツ評議会(WMSC)が発表した声明の中で、危機対策部門を設置することを発表。FIAの医療委員会の会長であり、この数週間新型コロナウイルスに関しての状況を評価してきたジェラード・サイヤン教授の進言に応じてこの決定が下されたことを明かした。

「FIAクライシス・セル(危機対策部門)が設立、2日ごとに開催され、世界中の最新の流行状況を検討している」

「FIAは会員となる自動車クラブやプロモーターと共に、状況とその影響を引き続き注意深く監視し、各国政府や世界保険機関(WHO)を含む関係当局の助言に従う」

「FIAは、今後の競技会開催カレンダーを評価し、必要に応じて競技会の延期を含め、世界中のモータースポーツコミュニティと、より多くの人々を保護するために必要な措置を講じる」

 なおフォーミュラEは、三亜とローマのePrixを延期することを決定。3月13日からのF1開幕戦オーストラリアGPは、予定通り開催される方向で調整が進んでいる。ただ第2戦バーレーンGPは、チケットの販売が一時停止されるなど、先行きが不透明である。

 F1のモータースポーツ部門のマネージングディレクターであるロス・ブラウンは今週始めに、新型コロナウイルスのためにこのスポーツを止めるわけにはいかないと語った。

「重要なことは、このスポーツを可能な限り安全な形で開催し続けることだと思う」

 そうブラウンは語った。

「不必要なリスクを取ることはできないが、完全に開催を止めるということもできない」

Read Also:

次の記事
ニック・キャシディ、WEC初参戦! スパ6時間でLMP2マシンをドライブ

前の記事

ニック・キャシディ、WEC初参戦! スパ6時間でLMP2マシンをドライブ

次の記事

LMDhクラスとLMハイパーカー、同レベルのパフォーマンスに調整へ

LMDhクラスとLMハイパーカー、同レベルのパフォーマンスに調整へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , General , WRC , WEC , フォーミュラE
執筆者 Jonathan Noble