F1の将来のために……「世界F1ファン意識調査2021」が日本語含む世界15言語でスタート。9月22日まで

世界のモータースポーツシーンをリードする”F1”と、業界最大のデジタルプラットフォームが一体となり、F1ファンを対象とした意識調査をスタートさせた。

F1の将来のために……「世界F1ファン意識調査2021」が日本語含む世界15言語でスタート。9月22日まで

2021年9月8日英国・ロンドン発:F1とMotorsport Networkは本日、ニールセン社と提携し、『世界F1ファン意識調査2021』をスタートさせた。この調査は、F1に対する世界中のF1ファンの現在の意見を把握することを目的としたものだ。またこの調査はファンを対象としたF1に関する意識調査としては世界最大規模であり、motorsport.comでは日本語を含む世界全15ヵ国語で調査を展開する。

 

 F1のマーケティングおよびコミュニケーション担当ディレクターであるエリー・ノーマンは、次のように述べている。

「ファンがF1に何を求め、そして何を大切にしているかということを理解することは、このスポーツの視聴者の関心を引きつけ、今後も楽しんでいただくために、戦略的な決断を下す上で最適な方法だ。Motorsport Networkの力を活用することで、世界中のF1ファンと接することができ、読者がF1についてどんな改善を求めているのか、その貴重な意見を手にすることができる」

 この調査では、どのドライバーやサーキットが人気なのかということが明らかになるのに加え、視聴習慣やeスポーツへの興味、持続可能燃料の導入など、F1に関する幅広い話題について、ファンの意見を明らかにすることを目指している。そしてその結果として、若年層を含めた多様なファンを取り込むための施策を生み出す要素としても活かされることになる。

 Motorsport Networkがこの調査を行なうのは、今回が3度目。2015年と2017年に行なわれたこれまでの調査では、それぞれ20万人ほどからの回答があった。そして今回の調査結果は、以前の2回の調査で積み上げられたデータと比較されることになる。

 Motorsport Networkの社長であるジェームス・アレンは、次のように述べている。

「2015年にFIAと共にF1について、そして2017年にはWECについて調査を行なったことで、レースシリーズの権利所有者や主催者にとって、ファンの声を調査することは非常に重要であるということを理解することができました。今回調査をすることで、リバティ・メディアがF1を買収してから行なわれた変更についてのファンの意見を知ることができ、その変更が成功したかどうかを評価することにも有益であるはずです」

 この『世界F1ファン意識調査2021』は9月8日にスタートし、9月22日までの2週間にわたって実施される。調査結果は、10月下旬に公開される予定だ。

→『世界F1ファン意識調査2021』への回答はこちらから

Starting grid
Starting grid
1/3

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

Charles Leclerc, Ferrari SF21, Lewis Hamilton, Mercedes W12, Valtteri Bottas, Mercedes W12, and the rest of the field
Charles Leclerc, Ferrari SF21, Lewis Hamilton, Mercedes W12, Valtteri Bottas, Mercedes W12, and the rest of the field
2/3

写真:: Steven Tee / Motorsport Images

Mick Schumacher, Haas VF-21
Mick Schumacher, Haas VF-21
3/3

写真:: Dom Romney / Motorsport Images

■F1について
F1®のレースは1950年に始まり、世界で最も権威のあるモーターレース競技であると共に、世界で最も人気のあるスポーツシリーズのひとつだ。フォーミュラ・ワン・ワールドチャンピオンシップ・リミテッドはフォーミュラ・ワン®の一部であり、FIA F1世界選手権™の商業権を独占的に保有している。またフォーミュラ・ワン®はリバティ・メディア・コーポレーション(NASDAQ:LSXMA、LSXMB、LSXMK、BATRA、BATRK、FWONA、FWONK)の子会社である。F1のロゴ、Formula1のロゴ、FORMULA 1, F1, FIA FORMULA ONE WORLD CHAMPIONSHIP, GRAND PRIX, PADDOCK CLUBおよび関連するマークは、フォーミュラ・ワンの一企業であるFormula One Licensing BVが商標登録している。

Motorsport Networkについて
毎月約6000万人のユーザーが、Motorsport Networkのいずれかのサイトを訪問し、購買、学習、娯楽、または自動車やレースに対する情熱を養っています。我々はモータースポーツおよび自動車産業の中心に位置し、ここでしか得られない体験をお客様に提供しています。ニュースや分析記事、イベント、観戦チケットの販売、ゲーム、eスポーツなどをネットワークを活用して提供することで、その体験の価値を引き上げています。また社内のテクノロジーと最新のデータツールを活用し、常にテストや学習、改善を行なっています。我々の業務のプロセス、コンテンツの作成、および製品は、ユーザーやクライアント、そしてパートナーにより良いサービスを提供するために絶えず進化しています。

■ニールセンについて
Nielsen Holdings plc(NYSE:NLSN)は、メディア業界の全体的かつ客観的な分析を提供する、世界有数のデータおよび分析企業です。同社はオーディエンスの測定、オーディエンスの結果、コンテンツにまたがるサービスを提供し、クライアントとパートナーに、複雑化した疑問に対するシンプルな解決策を提供し、その投資と成長戦略の価値を最適化します。クロスメディアのオーディエンス測定を提供できるのは、同社だけです。同社の詳細については、www.nielsen.comもしくはwww.nielsen.com/investorsをご参照ください。

シェア
コメント
『世界のレーシングカー博物館探訪記』:第3回 ル・マンに“自動車の歴史”アリ。24時間レース&ヒストリックなマシンにメロメロ?

前の記事

『世界のレーシングカー博物館探訪記』:第3回 ル・マンに“自動車の歴史”アリ。24時間レース&ヒストリックなマシンにメロメロ?

次の記事

ケイ・コッツォリーノ代表のAtes株式会社、10月に富士で“プレミアム”なドライビングイベントを開催

ケイ・コッツォリーノ代表のAtes株式会社、10月に富士で“プレミアム”なドライビングイベントを開催
コメントを読み込む