スパ・フランコルシャンのナタリー・マイエCEO死去。夫に殺害されたとの報道も

スパ・フランコルシャンのCEOであるナタリー・マイエが、8月15日に死去したことが同サーキットより発表された。海外では夫に殺害されたとの情報もある。

スパ・フランコルシャンのナタリー・マイエCEO死去。夫に殺害されたとの報道も

 ベルギーを代表するサーキット、スパ・フランコルシャンのCEOであるナタリー・マイエが、8月15日(日)に死去したことが分かった。現地の報道によれば、夫に殺害されたという情報もある。

 詳細は不明であるものの、現地の検察の発表によれば、マイエCEOはサーキットから約40km離れたゴビーの自宅に友人といたところを、夫に射殺されたという。夫もその後自殺したと言われている。

 スパ・フランコルシャンも、マイエCEOの死去を発表。詳細には触れていないものの、次のような声明を発表した。

「スパ・フランコルシャンのチームが、CEOであるナタリー・マイエの死去を知らされたことは、非常に悲しいことである。この非常に悲しい日に、スタッフ全員がナタリーの家族や友人に、心から哀悼の意を表したいと思う。このサーキットだけでなくモーターレース界も、今日情熱的なひとりの女性を失ってしまった。彼女の信念は強く、常に未来を見据えていた」

 またサーキット取締役会会長であるメルキオール・ワトゥレも、次のようにコメントを寄せた。

「私の心は、ナタリーの家族、彼女のご両親、彼女の愛する人、そして彼女のチームと共にある。このニュースが、我々のチームをどれほど混乱させることになるかはわかっている」

「理事会を代表して、サーキットのチーム全体に心からお悔やみを申し上げる。今日、我々は非常に尊敬されている女性、真の女性を失ってしまった。彼女はサーキットの顔となり、我々全員が共有するレースへの情熱を体現していた」

 なおこの日スパ・フランコルシャンでは、WRCのイープル・ラリーの最終日が開催されていた。また今月末には、F1ベルギーGPの開催が控えている。

 

Read Also:

シェア
コメント
フェラーリのビノット代表、タイトル争いはフェルスタッペンを応援も「どちらかに賭けるならハミルトンかな……」
前の記事

フェラーリのビノット代表、タイトル争いはフェルスタッペンを応援も「どちらかに賭けるならハミルトンかな……」

次の記事

中団争いから一歩前へ、アストンマーチン「見えるパーツは全てアップデート済み」……夏休み後は来季マシン開発に注力

中団争いから一歩前へ、アストンマーチン「見えるパーツは全てアップデート済み」……夏休み後は来季マシン開発に注力
コメントを読み込む